2009年 12月 04日 ( 1 )


 11月15日(日)、雨の心配はなかったものの11月にしては大変寒い一日であった。今日の参加者はめずらしく男性ばかりである。
c0125356_23481753.jpg

c0125356_23484338.jpg

 発掘現場での解説では、ここで出土した佐波理のスプーンの説明にみな熱心に耳を傾けた。又、以前この操作場跡から出土した白玉製丸鞆の発掘時の話など大変興味深く聞くことができた。参加者からは発掘のやり方等、様々な質問も出された。
c0125356_23552780.jpg

c0125356_23555638.jpg

 榎社前では路傍に佗む鶴の墓の伝説に昔の人の心の暖かさを感じることができた。
c0125356_23491132.jpg

c0125356_23493979.jpg

c0125356_23505100.jpg

「ドロクサンヤネのセンダン」この呪文のようなことばに参加者は興味深々で解説を聞き、河川改修で当時の堤防はなくなったものの、現在公園の中で子供達を見守るセンダンの木に、当時の思いを巡らせた。
c0125356_23561415.jpg

 古代雀路を歩いて住宅地の中にところどころ残る痕跡や、御笠川より北のまっすぐ政庁跡までつづく道路に、1300年前のスリップした思いがした。
c0125356_23563294.jpg

c0125356_23565660.jpg

ボランティアガイド:神吉章子
[PR]
by dazaifuwalk | 2009-12-04 00:06