人気ブログランキング |

「太宰府万華鏡吟行」のレポートです!

12月9日、天候にも恵まれ難コースのスタートです。朝が早い為、前日から宿泊していた参加者を戒壇院まで送り、現地参加の4名を加えた14名でのスタートです。

c0125356_2141699.jpg
8時30分に座禅の為、靴下を脱いで戒壇院本堂に入り、右手に木彫りの鑑真和上坐像が目に入れながら記帳を済ませ、左手に回ると県指定文化財の盧舎那仏と二体の仏像を眼前に、座禅の席に着きました。最初に柏木住職による注意事項で、「まずは背筋を伸ばして座ることから始めましょう」とのことばにみんなの緊張も少し和んだように見えました。

c0125356_2151157.jpg
9時30分ごろには、史跡解説1万2千団体を超える貞刈惣一郎さんによる観世音寺の解説が始まりました。県外からの参加者が多かったので急遽宝蔵の見学も加わり、皆さん楽しくされていましたが、吟行ということで俳句をつくることに頭を悩ませていたようです。

c0125356_2162188.jpg
その後、政庁跡まで歩き、芝生に座ってちょっと風が冷たい中でしたが、貞刈さんの解説に皆さん引き込まれ真剣に聞き入っていました。旧大宰府政庁の内裏のあった場所に建つ貞刈邸の二階に、地域の子供たちのために貞刈さんが創設された児童図書館で、奥様にお茶を出していただきながらお話をお聞きしました。休憩のあと貞刈さんに途中まで見送っていただき、歴史の散歩道を通ってふれあい館でトイレタイム、国分のますやDONGに着いた時は大幅に時間オーバー、遅い昼食休憩もそこそこに俳句つくりに没頭しました。

c0125356_2172874.jpg
出来た人からそれを基に箱型立体万華鏡つくり、始めはワーワー言っていた人もシーンとなり、万華鏡を一生懸命、まるで小学生のように真剣に作っています。最後は出来上がった俳句と万華鏡を並べ投票です。七票でトップは美術学校の先生、次点の五票が三名、皆楽しんで作られたようです、
 5時間30分長い長い1日でしたが喜んでいただけたと思います。マイナーなコースで一般むきではないので改善の余地あり再考しなければならないと思いました。

(サブガイド:斉藤豊明)

その他の写真はこちらから
by dazaifuwalk | 2007-12-09 20:50