04.「古都の紅葉をたずねて」のレポートです!

11月23日(金)勤労感謝の日、まさに抜ける様な秋晴れの好天に恵まれました。ガイドの杢尾さんが計画・予想したとおり、タイトルどおりの最高の紅葉となり、バスで内山終点に着いたら、宝満山は紅葉の真っ盛りでした。

c0125356_1712330.jpg
参加者は17名様、そろって竈門神社にお参りし、お隣の縁結びの神様と、杖道の夢想権之助神社に。しかし、見たことも無い程、多くの登山客が一緒に登山中であり、我々は途中の清原元輔の歌碑までで引き返しましたが、このまま紅葉のトンネルを潜って山頂まで行きたいなと思いました。
修験鍛冶の金剛兵衛の墓にお参りし、天満宮まで下り坂を歩きましたが、途中振り向き、振り向き、紅葉の山頂を眺めながらの下山でした。

c0125356_17133174.jpg
天満宮の裏に麻生太吉が作った通称『お石トンネル』(美人お石さんの御茶屋に通うため作ったから!?)を潜って、お石茶屋を通って、天満宮の裏から天満宮の中を通って光明禅寺方面へ。先ずは、光明禅寺の前に、この寺を建てた鉄牛円心和尚の生い立ちと言われる謡曲『藍染川』の『梅壷侍従蘇生の碑』と、渡唐天神伝説として伝わる『伝依塔』を訪ねました。

c0125356_17152652.jpg
いよいよ光明禅寺に入る仏光石庭【前庭】、一滴海庭【裏庭】を訪ねる。流石に一滴海庭の紅葉は鮮やかで写真を何枚も撮りました。
お客様も案内する我々も秋を満喫した楽しい一日でした。
(サブガイド:田島哲生)

その他の写真はこちらから
[PR]
by dazaifuwalk | 2007-11-23 17:08