コースNo.2 九博のバックヤードと天開稲荷社・光明寺・伝衣塔

開催日 2016年10月21日(金)
コース名 九博のバックヤードと天開稲荷社・光明寺・伝衣塔

10月21日 曇り一時小雨模様、集合場所の西鉄太宰府駅にはお客様12名と歩かんね太宰府サポーター3名、計15名が集合。
参加者は福岡市からの2名を含む筑紫野市4名、太宰府市6名の方々です。
c0125356_044876.jpg


駅前と参道の歴史の案内では、江戸時代中頃製作された「古地図絵」にて松屋「維新の庵」を中心に当時の旧旅館街を説明、大変興味をもたれました。
c0125356_0444449.jpg


国博通り~秋月藩絵師斎藤秋圃旧宅地跡~光明寺に到る。
c0125356_045862.jpg


藍染川という美しい名前がついている川で京女梅壷の伝承があります。玉垣に囲まれた中は梅壷侍従蘇生の碑です。
c0125356_045341.jpg


次の案内地は光明寺。庭園の美しさで知られる臨済宗の禅寺です。前庭は三・五・七の十五の石で”光”の字に配石された九州で唯一の石庭。
c0125356_0455239.jpg


天満宮末社の天開稲荷社。九州では最も歴史のある稲荷社で古い時代から多くの方々の参拝と崇敬を集めています。
c0125356_046121.jpg

c0125356_0465528.jpg


参加の方は、十二鈴参りと正式手水の作法で運が開け、個々の願いが成就するよう参拝されました。
c0125356_047114.jpg

c0125356_0473729.jpg


天開稲荷社境内で集めたいろいろの「松ぼっくり」です。
c0125356_048394.jpg


最後は天満宮社殿の裏側から「菅公聖廟」対し、仏式作法による参拝をいたしました。
c0125356_0481537.jpg


ボランティアガイド 山崎 記
[PR]