コースNo.14 管公の流謫の地榎社を訪ねて

開催日:2015年11月7日(土) 

榎社から古代寺院般若寺へと向かう道は伝説の宝庫です。菅公の漢詩「九月七日」を詠んでその心情に触れます。

①榎社
太宰府に左遷された菅原道真公が滞在されたと伝えられる太宰府南館の跡
現在ご神幸祭(毎年9月25日)には、道真公の御霊はここに下られて、泊まられます。境内には幕末の石碑や、梅ヶ枝餅の起源で知られる浄妙尼の祠が有ります。
c0125356_23585448.jpg


②隈麿公奥都城(くままろこうおくつき)
道真公が左遷されたとき、幼子の隈麿・紅姫だけが大宰府への同行を許されました。翌年
隈麿が亡くなったときは大変悲しまれて、館から見えるこの丘に墓を建てられました。悲しみを詠んだ道真公の漢詩「秋夜」の碑が入口階段の脇に建っています
奥津城とは神道で墓のこと
c0125356_002381.jpg


③紅姫の供養塔
道真公の死後の紅姫の足取りはふめいですが、四国の土佐にいる道真公の長男の大学頭・高見卿のもとへいったとも伝えられています。
c0125356_01858.jpg


④高橋紹運首塚
5万余の島津藩に760余名で岩屋城に戦い玉砕した高橋紹運の首実験をしたところ島津藩がその首を丁重に葬ったのがこの首塚です
c0125356_02112.jpg


⑤般若寺七重石塔
般若寺跡に建つ石塔で七重の石塔です.1階の台石部分に金剛界の四仏,アク,ウーン、ターラ、キリークの梵字が刻んであります。これは密教の影響を示しています。字の彫り方と屋根の作り方から鎌倉時代半ば過ぎの建立と推定されています。太宰府で一番古い層塔です。高さ3、3m有ります
c0125356_023945.jpg


⑥般若寺跡
瓦積みの基壇や塔の心礎、瓦などが出土し大きな寺があったことがわかっています。曽我日向(そがのひむか)の建てた般若寺と推定される「塔原廃寺」がのちここに移ったであろうという説が有力です・礎石と案内板が有ります。

山本さんの名調子を堪能しながら楽しい一日をすごしました。

[歩かんね大宰府事務局長:最上]


歩かんね太宰府のFacebookはこちらから
[PR]
コースNo.18 女性の為の宝満山

開催日 10月25日

連日、晴天続きも、ここ数日PM2.5の影響か、かなり霞む日がありました。
今日は朝から空気がピンッと冷たく感じられ、北風が霞を吹払っていくれました。とても澄んだ空気です。
竈門神社、駐車場上の鳥居には「歩かんね」の常連様、宝満山は初めてだけど登ってみたい!(遠く、北九州から参加)など・・・ワクワクドキドキの「山ガール」12名(定員、満員御礼!!)にお集まりいただきました。鳥居横の広場でスタッフの挨拶、ストレッチ体操、宝満山の3つの名前(宝満山・御笠山・竈門山)やその由来のお話しがありました。

c0125356_0512087.jpg




竈門神社の拝殿で、今日の登山の安全を祈願し、さあスタートです!

c0125356_0531364.jpg




かつて、修験者が入山の前に身を清めた「汐井川」を右手に登り始めます。
まだ少し足が重く、息も上がります。・・・少しずつ体を慣らして・・。

c0125356_054783.jpg




右手に本谷池を見た後、いつもの正面登山道ではなく、左林道へ曲がり、左側の通称「うさぎ道」に入ります。
(正式名:仏頂山・鬼石・柏谷尾根道)

c0125356_1222178.jpg




小さなせせらぎをいくつか渡り、なだらかな道を登って行きます。途中、小川にかかった小さな丸太橋も渡りました。うさぎ道を半分来たところに通称「桃太郎岩」と言う、見事な桃の形をした大きな岩がありました。うさぎ道は後半急な登りもありましたが、木漏れ日がキラキラこぼれる中、サンコウチョウの声やキツツキが木を叩く音も聞こえ、時より木々の間から北風が入り、ほてった体をさましてくれます。気持ちいい!!神吉さんが道脇の「コシアブラ」を見つけ、教えて下さいました。新芽はテンプラにして食べます。この木の幹で太宰府の民芸品「木うそ」が作られます。

c0125356_0553651.jpg




仏頂山山頂に到着!869m(宝満山山頂より40m高い!)開山、心蓮上人の墓所と言われ、5月の宝満山修験会の峰入りの時はこの祠の前でお供えとお読経がなされるとの事。

c0125356_056615.jpg




そこから歩くこと15分、キャンプセンター到着、ここで昼食です。

c0125356_056415.jpg




お弁当を食べ、一息つくと、神吉さんが、お湯を沸かし、コーヒーを入れて下さいました。

c0125356_0583641.jpg

またお一人お一人に神吉さん手作りの「てるてる坊主」のマスコットがプレゼントされ、皆様「可愛い!!」と大喜びです。ありがとうございました!遠目ではありましたが、一羽の「アサギマダラ(蝶)」がヒラヒラ飛んでいるのを見ることもできました。


さて、十分休息をとり、宝満山山頂へ向かいます。
岩場を登り、階段を登り切ると、左右にパッと視野が開けました。

c0125356_059428.jpg


「絶景かな!絶景かな!」本当に今日は視界が良く、博多湾・福岡・背振山・九千部山・・・
しっかり見えます。

c0125356_11278.jpg

今年築城1350年の大野城(四王寺山)のくぼみもしっかりきれいに見えました。竈門神社上宮は白鳳2年(674年)心蓮上人に玉依姫が現れこの上宮の地に創建されたとの事。たびたび消失したが現在の上宮は昭和32年に建てられたとのこと。

c0125356_122672.jpg



山頂からの景色を十分楽しみ、いよいよ「羅漢道」へと下ります。
いきなり「ハシゴ」を下ったり、鎖を頼りに岩を下ります。最初は緊張して体が硬くなりそうでしたが、皆様、次のステップ、手の置き場を確認しつつ、岩や木の幹を手でつかみ、一歩一歩足を進めて行くことに慣れていかれました。


ちょうどその頃、「遠望の岩」入り口に到着、皆さん荷物を置き、ヒョイっと岩に登ります。宇美町・福岡市内・博多湾までの景色がキレイに見えました。

c0125356_132646.jpg

c0125356_143812.jpg


振り返ると頂上近くの巨大岩が迫って見え、また頂上近くは少し紅葉が始まっていて、ブナなどところどころ黄色や赤の木々が見えました。

c0125356_15112.jpg


しばし休息、スッタフ差し入れのキャンディをいただきました。

再び「羅漢道」に戻ります。この道は今から215年前(寛政12年1800年)仲谷坊の隠居が樵路(しょうろ)(きこりの通る道)を切り開き五百羅漢や千体地蔵を安置した道です。
しかし明治の廃仏毀釈で羅漢像や地蔵は手荒く処分されてしまいました。心ある先人が約200体ほどを拾い上げ、手厚く安置したとの事・・・合掌。


次は「天の岩戸岩」巨大な岩が2つに裂けた様な・・ほんの「人」ひとりが通れるほどの隙間を開けています。自然の造形とは言え神秘的です。「天照大神」になった気分で・・。

c0125356_151521.jpg




次に「伝教大師窟」・・昔の絵図から「法塔窟」ではないかと言われているところです。
「金剛兵衛剣窟」金剛兵衛は南北朝時代から室町にかけての筑前の刀鍛冶でした。

c0125356_150910.jpg




「羅漢道」は大きな岩がそそり立ち、その中を縫うように上下しながら進みました。岩に手を掛け、よじ登ったり、丸太をくぐったり、大きな岩場を慎重に下ったり、≪自分≫はこの自然の中では小さな存在だと、自然への畏怖と崇敬の様な気持ちが湧いてくる、貴重な体験が出来ました。この山の歴史を少し知り、実際に山を歩いて、より一層「宝満山の奥深さ」を感じました。
中宮にて休憩、ここからはいつもの正面登山道を下山します。いままでの羅漢道から比べると、「百段がんぎ」など階段が整っていてキレイに思います。・・でもだんだん疲れが出てくる頃です。ステッキなどを使って足元に注意して、もうひと踏ん張り、頑張って下りましょう!休堂跡・一の鳥居と下り、再び汐井川を左に見て、竈門神社の境内へ戻りました。皆様のおかげでケガも無く、全員無事に下山しました!皆様、本当にお疲れさまでした!
私は今・・足や腰にたくさんシップを貼ってこのレポートを書いています。体は疲れても、達成感・爽快感が残り、と心はとてもリフレッシュされました。「山登り」って良いなぁ!と思いました。又、道中参加者様とお話をさせていただいて、「山登り」や「歴史」に興味をお持ちの素敵な女性が多い事に驚きました!「歩かんね太宰府」ではこれからもコース盛り沢山です。どうぞお時間が合いましたら、またご参加下さい。お待ちしています!本日ご参加いただきました、12名の皆様ありがとうございました!
コース担当のKさん、Iさん、Oさんありがとうございました。

ボランティアスタッフ「I」

********************************************************************************************************************************

◆お申込み・お問い合わせは、NPO法人歩かんね太宰府まで
電話 080-6446-3905 / FAX 092-918-3644

【電話受付】 平日10:30~16:00 / 土曜13:00~16:00 (受付開始は9月1日からです)
【休 業 日】 日・祝日、毎月最終水曜日
各コース予約制です、開催日3日前までにお電話・FAXで必ずご予約ください。
定員は原則15名です、お早目にお申込みください。


パンフレットのダウンロードはこちらから
(ダウンロードに少し時間がかかる場合があります)

歩かんね太宰府のFacebookはこちらから


********************************************************************************************************************************
[PR]
コースNo. 6 
かるかや物語、平家物語、源氏物語に登場する遺跡を訪ねる


太宰府市内にある「刈萱道心と石堂丸の物語」、「平家物語絵巻」、「源氏物語」など日本の古典文学に登場する場所を尋ね、書かれた時代の雰囲気を味わう旅にでかけました。
コースは、西鉄都府楼前駅に9:00に集合し、まず、関屋の交差点に建つ道標を訪ねました。それから日田・福岡往還道に沿って刈萱関跡に行き、国分松本遺跡、万葉の小路、坂本の玄清法印の墓、坂本八幡宮、玄昉の墓、清水記碑を巡る4Km 3時間ちょっとの散策コースでした。



c0125356_23554338.jpg

関屋交差点は江戸時代の日田・福岡往還道から太宰府天満宮へ行く分岐点にあります。関屋交差点から政庁方面へ向かう道は飛鳥時代から残る歴史ある道です。昔の面影は江戸元禄時代に刻まれた道案内の石碑に少し残っていました。江戸時代に庶民の旅が始まるようになり道標が必要になりました。元禄時代に福岡市呉服町の帯屋宇兵衛が寄進した道標「是ヨリひがしさいふ参詣道」が建てられています。道の側にはその他に宝暦の道標、汐井台、常夜燈、鳥居があります。汐井台があることは、むかし、天満宮参詣の際にはここで身を清めていたことを示すそうです。



c0125356_2357348.jpg

関屋は飛鳥・奈良・平安時代には官道がとおり、江戸時代には日田・福岡往還道が、現在は国道がとおり、いつの時代でも通らねばならない交通の要地でした。明治時代にはここに宿屋や店が並び「水城村の東京」と呼ばれていたところでした。そのため1802年頃から恵比寿さまや猿田彦が祀られています。



c0125356_23574341.jpg

日田・福岡往還道の道幅を感じながら博多の方へ歩いていくとすぐ刈萱関所跡に来ました。
ここは謡曲「刈萱」、説経「かるかや」、浄瑠璃「刈萱桑(どう)心(しん)筑紫いえづと」、「刈萱道心筑紫いえづと」、仏教説話「刈萱道心行状記」などに語られている加藤左衛門重氏(しげうじ)が住んでいた場所です。苅萱に関する伝説は「苅萱道心と石堂丸の伝説」として広く国中に流布していいました。ここで「苅萱道心と石堂丸の話」の要約を聞きながら「父を尋ねて3000里」と仏教説話の混合した話であることを理解しました。太宰府市の市民遺産第9号「苅萱の関跡とかるかや物語」として平成26年3月に登録されたということです。



c0125356_056079.jpg

国分の松本遺跡は飛鳥時代の戸籍木簡が出たということで全国的に報道された場所です。この近くに筑前国分寺があることを思い浮かべ、木簡の複製をみながらこのような重要な木簡が見つかったということはここらは古代から住むのにもっとも良い場所であるとされた土地であるんだなと考えた次第でした。



c0125356_23592310.jpg

国分天満宮の境内に山上憶良が呼んだ歌碑がありました。この歌は大伴旅人の奥さんが亡くなったときに旅人の心情を考えて憶良が詠んだ歌ということで、旅人や憶良の多情多感な人柄に触れた思いでした。四王寺の山すそ国分は深い霧がよく発生する場所なので、「息嘯(おきそ)の風に霧立ちわたる」はここではないだろうかと言うことです。



c0125356_003541.jpg

万葉の小道は、万葉学者犬養孝が名づけた小道で、古代の風景を残しているとして名づけられた小道です。ここで私達も歩きを止めてそよ風を楽しみ、歌を一句と言いたいところですが・・・・・。
小道を抜けると、そこは古代の太宰府の景観を良く残しているとして太宰府市から史跡指定され景観が維持されている坂本の棚田に出てきました。この道を登ると四王寺山登山道となります。ぜひ皆さんもここに来て昔の景観に触れてください。棚田、小道、小川、石垣、民家、手付かずの林、静寂



c0125356_063499.jpg

この道を少し麓へ下ると玄清法印(766-823年)の墓の側に来ます。最澄が比叡山に延暦寺を建てるときに毒蛇が出て寺が建てられなかったので、筑前の琵琶法師をよび毒蛇封じを祈願したところ、毒蛇が出なくなったということで、琵琶法師は最澄の大きな信頼を得ました。そのため最澄から「仏説宗」、「玄清法印」の名称と「成就(じょうじゅ)院(いん)」という称号を与えられました。  
七難を即座に滅ぼす七難即滅と七福を作り出す七福再生の「三麻(さんま)耶形(やぎょう)」



c0125356_024170.jpg

政庁跡の山側をとおる「歴史の散歩道」を歩きながら戒壇院の敷地の山側にある玄昉の墓に来ました。ここには玄昉の供養塔として鎌倉時代に建てられた宝篋(ほうきょう)印塔(いんとう)板碑(いたび)があります。林さんの話を聞きながら藤原家全盛時代の時代背景の厳しさと玄昉の生き様に触れると同時に観世音寺をますます身近に感じたことでした。



c0125356_0535746.jpg

最後に観世音寺に建つ清水記碑にやってきました。観世音寺が源氏物語の玉鬘の巻に登場することを知り、源氏物語をもう一度読まねばと思った次第です。この寺に玉鬘がいたこと、それが世界で一番古い物語に登場することを知り太宰府の歴史の豊かさを味わいました。
日本中が晴天にめぐまれた真っ青な青空の下で心地よいそよ風に吹かれリラックスした3時間ちょっとの短い旅でした。
お客さんは3名で「歩かんね」からはスタッフ4名が参加しました。

[ボランティアガイド:前田]


********************************************************************************************************************************

◆お申込み・お問い合わせは、NPO法人歩かんね太宰府まで
電話 080-6446-3905 / FAX 092-918-3644

【電話受付】 平日10:30~16:00 / 土曜13:00~16:00 (受付開始は9月1日からです)
【休 業 日】 日・祝日、毎月最終水曜日
各コース予約制です、開催日3日前までにお電話・FAXで必ずご予約ください。
定員は原則15名です、お早目にお申込みください。


パンフレットのダウンロードはこちらから
(ダウンロードに少し時間がかかる場合があります)

歩かんね太宰府のFacebookはこちらから


********************************************************************************************************************************
[PR]
JA筑紫太宰府中央支店女子大学 ガイドレポート

絶好の秋晴れとなった10月16日総勢20名が大宰府中央支店に集合です。
今回の団体様は地元の太宰府の農家の女性の集まりです。
皆さん地元の方ばかりなので「日頃行かない隠れた史跡」をタイトルにして案内です。
講師は原田さん サポートは原田さん(奥様)と最上です。
c0125356_00844.jpg

c0125356_04830.jpg

①観世音寺 福岡藩士の加藤一純が由緒ある清水が忘れ去られるのを憂いて安永5年建立。
源氏物語玉蔓の巻にも観世音寺は清水山普門院というと出てきます。

②日吉神社 社殿としては天満宮を除くともっとも古いものです。
観世音寺の別当が輿に乗ったまま応対し秀吉の怒りを買い寺領を没収されたと言われています。
c0125356_0102674.jpg



③弘法水 弘法大師の石像が有るためなずけられている正式には清水井又は山の井と言われるこの井は普門院観世音寺の山号の言われとなったと伝えられる

④玄昉の墓 観世音寺完成の落慶法要の際 玄昉急死 藤原広嗣の遺臣により暗殺

⑤武藤資能・経資の墓 資能は平家の武士であったが一の谷の戦いで源氏方に投降し1198年三前と対馬野守護職 鎮西奉行の後大宰少弐戸なり元との交渉が資能と経資の二代にわたって行われた。

⑥推定金光寺跡 観世音寺の子院のひとつ金光寺跡と推定されている。当時の寺には火葬場、お墓,拝殿などが並んでいる配置になっていることから火葬場の跡ではないかとの説が有ります。しかし字が金光寺であることからお寺という説が有力です。

⑦横岳崇福寺 円爾などと一緒に中国に渡った天台宗の僧湛慧により建てられた。後、黒田長政が大宰府にあった横岳崇福寺を博多に移し黒田家の菩提寺とした。
c0125356_07147.jpg

c0125356_07446.jpg


⑧旭地蔵 横岳崇福寺を創建した湛慧は鬼すべの行事で鬼に間違えられ、これを恥じて横穴をほり死んでしまったという。そこで地元の人はその亡骸を手厚く葬りお地蔵様を祀り供養したそうです。

原田さんの説明に地元に長く住んでいるが知らないことが沢山ありました.参加して良かったとの話をいただきました。雲一つない秋晴れで気持ち良く街歩きができました。、参加者の皆さんお疲れ様でした。

[ボランティアガイド 最上記]


********************************************************************************************************************************

◆お申込み・お問い合わせは、NPO法人歩かんね太宰府まで
電話 080-6446-3905 / FAX 092-918-3644

【電話受付】 平日10:30~16:00 / 土曜13:00~16:00 (受付開始は9月1日からです)
【休 業 日】 日・祝日、毎月最終水曜日
各コース予約制です、開催日3日前までにお電話・FAXで必ずご予約ください。
定員は原則15名です、お早目にお申込みください。


パンフレットのダウンロードはこちらから
(ダウンロードに少し時間がかかる場合があります)

歩かんね太宰府のFacebookはこちらから


********************************************************************************************************************************
[PR]
コースNo.15 岩崎記代子と川柳カフェ

開催日 2015.10.18

今回は岩崎記代子さんの指導下で「川柳」に挑戦しようと設けたコースです。
絶好の秋空のもと、観世音寺に集合、ここは付近に住む岩崎さんに簡単なガイドをお願いしました。
c0125356_1656371.jpg

c0125356_1705960.jpg



さて、会場は先生のご厚意で「岩崎記念館」を使わして頂く事になり、全員入場! 愈々川柳カフェの始まりと言うか「岩崎ワールド!」のスタートです。
c0125356_1721072.jpg

c0125356_1735528.jpg



川柳会の仕組みは、参加者全員が即席で作成した川柳を無記名で投票し、その句を一句づつ発表、参加者夫々が気に入った句に対し、各自5句以内で投票、その集計結果で順位を決めます。
c0125356_1755159.jpg


皆さん 川柳の作り方に少々戸惑った様ですが、なんとか全員投票完了、しかし中には事前に作成していた人も居り、全員で16名・計54句集まりました。  さて 結果は以下の通り

   最優秀賞  では又と 話したあとの 長電話
    佳作    気が付けば 100まで生きて 友はなし
    佳作    日記帳 記してみえる わが心
    佳作    台所 何しに来たか 又戻る

他何句かありましたが、いずれもクスクス笑える秀作でしたが、紙面の都合上省略します・・・・ 
尚、これらについて「今後ウンと頑張って下さい・・」の意味で「トイレットペーパー何個」が商品でした。
c0125356_1775248.jpg

c0125356_17114870.jpg



あとは岩崎先生の独演会となり、心づくしの「芋汁/新米お握り/漬物・・・・」等に一同舌づつみを打ちながら、川柳についてのお話を堪能、イヤーあの「芋汁」が旨かったが共通の想いでした。
c0125356_17124785.jpg

c0125356_17133919.jpg



最後は作曲家の先生らしく、一同で児童唱歌を合唱して、今日の幕、となりました。
c0125356_17194519.jpg


勿論、来春の「岩崎記代子と川柳カフェ!」での再会を期してお別れしたのは当然でした。

最後になりましたが、岩崎先生並びに塾生の皆さん 本当にお世話になり有難うございました。

(ボランティアガイド 市川記)

********************************************************************************************************************************

◆お申込み・お問い合わせは、NPO法人歩かんね太宰府まで
電話 080-6446-3905 / FAX 092-918-3644

【電話受付】 平日10:30~16:00 / 土曜13:00~16:00 (受付開始は9月1日からです)
【休 業 日】 日・祝日、毎月最終水曜日
各コース予約制です、開催日3日前までにお電話・FAXで必ずご予約ください。
定員は原則15名です、お早目にお申込みください。


パンフレットのダウンロードはこちらから
(ダウンロードに少し時間がかかる場合があります)

歩かんね太宰府のFacebookはこちらから


********************************************************************************************************************************
[PR]