コースNo.21 鴻臚館~大宰府政庁跡 古代官道24kmを歩く
~ファイナル~


12月7日  
「歩かんね太宰府」の2014秋コースの締めくくり、「鴻臚館~大宰府政庁跡 古代官道24キロを歩く」のスタートです。
大変人気のあるコースで早々に定員に達しました。お断りした皆様申訳ございません。
前日のキャンセルや当日の欠席でお客様13人、当方5名でのスタートでした。
c0125356_23454345.jpg

解説、案内は太宰府市文化財課の山村さんです。このコースは今年で7回目になりますが、毎年お願いしております。
解りやすく 丁寧な解説で、この私でさえ「想像の翼」を大きく広げることができます。

鴻臚館跡での解説の後いよいよ出発です。
c0125356_23465567.jpg

c0125356_235025.jpg

なにせ1200年以上も昔の道です。そのまま残っている訳はありません。
わずかに残された痕跡をたどりながら歩くのです。
c0125356_23505368.jpg

菅原神社~平尾駅~石投地蔵と歩き、予定より少し早く11時15分には春日の航空自衛隊に到着しました。
c0125356_2352387.jpg

ここ「先の原遺跡」では丘陵沿いに真っ直ぐ延びた道を確認できました。
普段はなかなか入れないところで、皆さん大喜びでした。
何人もの隊員の方にお見送りしていただき、次の春日公園へ向かいました。

4時間余り歩いてきて、待ちに待った昼食タイムです。
次の九大春日キャンパスではカナディアンメイプルの紅葉が出迎えてくれるはずが・・・・・今年はちょっとばかり散るのが早かったようです。
c0125356_23523878.jpg

目指す大宰府はあと少しです。
水城西門跡~日焼遺跡~前田遺跡~杉塚廃寺へ。もう条坊の中です。
c0125356_23534080.jpg

六反からは推定朱雀大路を一直線に大宰府政庁跡へと行きたいところですが、ちょっと「客館跡」に寄り道です。
c0125356_23542980.jpg
古代の使節団もここで衣服を整え、翌朝、大宰府政庁へと向かったのです。
現代人の私たちは、解説を聞いた後、すぐに長官の待つ、大宰府政庁へと向かいました。
c0125356_23552345.jpg

c0125356_2356769.jpg

長い長―い道のり、皆様本当にお疲れさまでした。
c0125356_23565780.jpg

古代の外国使節団になって歩いたご感想はいかがでしたか。
最後は「山海の珍味」とまではいきませんが、「三十三茶屋」さんで温かい「ぜんざい」のおもてなしで「歩かんね太宰府」秋コースが幕を閉じました。
c0125356_23573753.jpg

解説の山村さん、楽しく有意義なお話をありがとうございました。
また、ご参加の皆様、今後とも「歩かんね太宰府」をよろしくお願い致します。

ボランティアガイド:神吉章子
[PR]
2014.11.26(水) No.03 紅葉の名所と文学の道

このコースは、太宰府が誇る「紅葉の名所」、竃門神社周辺、お石トンネル前後、天満宮境内、最後に絶景の光明禅寺までを辿りながら、併せて道中の歌碑・句碑を楽しんで頂くコースです。

前日の予報では降水確率50%、曇りがちながらたまに薄明りの見える空模様に期待を込めて、西鉄太宰府駅でお客様を待ちました。スタッフは4名全員揃い、お客様もボツボツ顔を見せ、定刻には何と18名全員集合、その熱意に当方が打たれたスタートでした。
c0125356_111380.jpg

さて、紅葉は今が盛り!この最高の舞台でガイド役の杢尾さん、皆さんを前に、「宝満山及び竃門神社」の由緒から始まり周辺の歌碑の説明に入りました。
c0125356_114031.jpg

c0125356_115277.jpg

c0125356_12662.jpg

新装なったご本殿・社務所を前に、解説にも一段と熱が入り、ご祭神玉依姫・刀工金剛兵衛・杖術の祖夢想権之助・清少納言の父清原元輔の歌碑等、その時代に想いを馳せました。
c0125356_122082.jpg

すこし下に降りて、天台宗にとって大切な「妙香庵奥の院」へ移りました。約1200年間絶やすことのなく燃え続ける「蓮華のともし灯」を一同拝みながら、開祖伝教大師最澄が唐からの帰国時、上陸した新宮町で伝承の残る「ともし灯」であり、最澄37才時の5M余の大きな立像の前で参拝しました。
c0125356_123612.jpg

c0125356_132274.jpg

後、お菓子の「石村萬盛堂」の工場を見学、萬盛堂さんの好意で名菓「鶴の子」の製造過程の説明と出来立ての柔らかい「鶴の子」を振る舞われました。 萬盛堂さん、それとお世話頂いた大和恵子さん、お見送りまでして頂き、どうも有難うございました。

次は通称「お石トンネル」、前後の紅葉を愛でながら、「秋山明子」・「中村汀女」の句碑を拝見、続いて「吉井勇」、「富安風生」「荻原井泉水」の歌碑について杢尾さんの名調子が続きます。
流石に説明内容が深く、時間があればいつまでも続いていたことでしょう
c0125356_133816.jpg

今日の「梅ケ枝餅」は「小山田茶店」、当茶屋は天満宮御用達の店で宮へのお客様には「重ね重ねお世話になる・・・」と言う意味を込めて、「お重ね」と言われる特殊な梅ケ枝餅が提供されます。 但し、これは一般のお客様は残念ながら食せません。
皆さんも一度、宮へのお客様となって、「名物 梅ヶ枝餅」をご賞味されては如何ですか・・・・。

あと俳句の「芭蕉」「河野静雲」「高浜年尾」の句碑に進み、最後に「天満宮」では道真公の歌った最も有名な「東風吹けば・・・・」の歌碑を楽しみました。境内は文学に縁の深い「道真公」に因み和歌、俳句の記念碑が各所に配置され、歌碑のみでも一日ゆっくり楽しめます。

最後に「九州の苔寺」と言われる「光明禅寺」で同寺の由来と「仏光石庭」、奥の「一滴海庭」で絶景の庭を楽んで頂きました。
c0125356_135077.jpg

紅葉まっただ中に映える「枯山水の庭」は年間でも最高の時期、この景観には、皆さん恐らく満足頂けたであろう!と確信しながら、今日のコースをお開きとしました。
c0125356_1444.jpg

c0125356_141750.jpg


ボランティアガイド:市川記
[PR]
黒田官兵衛の連歌と足利尊氏が頼った原八坊跡
  
11月12日実施  午前中  天気 晴れ  参加者 8名
西鉄太宰府駅前、観光案内所前で挨拶とコース内容を説明、
 天満宮の参道では「連歌」(資料配布)について話し、都落ちをして大宰府に来た平家一門が天満宮に連歌を奉納し、その一人平重衛が詠んだ歌碑を案内し、また平安時代には大宰府を襲撃した藤原純友の鎮圧にあたった小野好古の弟で「書」で有名な小野道風が大宰府に来て住み着き、その子孫は天満宮を支える組織に入り文人(もんにん)と呼ばれて連歌を担当し、子孫の家が参道に残る茶店(小野筑紫堂、小野東風軒)に案内しました。
 天満宮の境内では、黒田藩初代・黒田長政の父、黒田官兵衛が天満宮で連歌会を開いてます。そして晩年を天満宮で過ごし、使った井戸、祀られた如水神社に案内し、官兵衛が詠んだ連歌の発句の説明をしました。
 有名な連歌師、飯尾宗祇が大宰府に来て連歌会を開いたことなどの話をして、江戸時代に連歌会が催されていた連歌屋(連歌会所)があったところを通りながら説明をしました。
c0125356_0475639.png

c0125356_0481046.png

 次は足利尊氏が勢いを盛り返した拠点となった原八坊跡に案内しました。四王子山の登り口、浦の城橋を渡り、都の戦に敗れて大宰府で少弐の助けで兵を募り都に登って室町幕府を開くことができた足利尊氏が滞在したという原八坊の跡、また少弐の居城であった浦の城跡を歩きながら古い絵図、原八坊跡に関する資料を参加者に配って昔の面影の原山記念碑、原山の中心であったと思われる中堂跡の碑、原山の僧たちが集まったであろう本堂跡の碑を見ながらそれらの話をして山を下りました。
c0125356_0483447.png

c0125356_04849100.png

 御笠川を渡り天満宮境内に戻って天満宮ご指定の茶店「小山田」で梅が枝餅を頂いて解散しました。

ボランティアガイド:杢尾
[PR]