2011.12.4(日) 「鴻臚館~大宰府政庁跡 古代官道24kmを行く」 

 一年の最後を飾る「歩かんね太宰府の華」の長丁場も5回目を迎えました。
12月4日(日)まだ暗い午前6時半、福岡城内・鴻臚館跡にスタッフ5名(上園・嘉村・河辺・江口・島松)集合。夜来の雨は、上がって晴天。

「古代官道」とは、1200~1300年前、国家が威信をかけて築いた、道幅10~12mの直線のいわば高速道路。今日は、その痕跡を訪ねながらの歴史探索です。

定刻7時、鴻臚館跡の解説からスタート。ここから、大陸からの使節の一員になったつもりで、参加者21名と歩きます。
c0125356_23181990.jpg

8時には、福岡国際マラソンのコースとクロスする平尾を通過。
子烏(こがらす)神社(薬院駅近く)と、奴国(なこく)の丘歴史公園(春日市)を立ち寄り箇所にくわえた分、やや早足で快調に、15時過ぎのゴールを目指します。
c0125356_23224530.jpg

光町(春日市)では、地域のみなさんが餅つき大会。お餅は大震災支援のため、釜石市に贈られるとのこと(この日夕方のNHKニュース)。
c0125356_23203478.jpg

c0125356_23311998.jpg

航空自衛隊の好意で、古代官道跡が発掘された春日基地のなかを通過させていただき、メタセコイアの紅葉がかがやく、春日公園で昼食。
(千秋楽なので、要所で歩かんね太宰府の仲間が合流します。ここでは、2名合流)
c0125356_2332381.jpg

12時出発。公園内の官道跡を確認してから、九大キャンパスへ。プラタナス並木の紅葉に、歓声をあげながら散策。校内に風力発電用の「レンズ型風車」が3基ならんでいます。博多湾上に実験装置を浮かべたとのこと(この日夕方のNHKニュース)。ここで製作してたのですね。
c0125356_23373290.jpg

水城西門跡着。ここで杢尾理事長以下2名合流。
ここからは、筑紫野市教育委員会の小鹿野さんが、発掘担当者として、道の専門家として、詳しく分かりやすく説明してくださいました。南南東に向かって鴻臚館跡から、ほぼ一直線にすすんできた古代官道が、東に向く屈折点の杉塚廃寺では、解説にとりわけ力が入ります。
c0125356_23334045.jpg

c0125356_23343735.jpg

ここからは、大宰府の都市空間、条坊跡。最近、誰かが付けた「推定22条路」の標識(これからは、行政とボランティアが協働で設置とメンテナンスをしては、というのが私の持論です)の前を通り道幅36mの朱雀大路跡へ。
c0125356_2335215.jpg

榎社(1名合流)よこをぬけて、ついに大宰府政庁跡へ全員無事に16時に到着。
みなさんよく歩いていただきました。
「大宰府万葉会」(歩かんね太宰府の会員)のお出迎えを受けてから、駐車場にひっそりと鎮座する朱雀門の大礎石の解説で、めでたく終了。小鹿野さんに感謝の拍手。
c0125356_2346596.jpg

政庁跡まえの「三十三茶屋」さんのご協力で温かいぜんざいを、12名に増えたスタッフ全員でお接待して、締めくくりのイベントに相応しい雰囲気で、長い案内が完結。
c0125356_23501592.jpg
  
2011秋コース、参加者572名。春とあわせて年間で972名。(前年より若干の増加)
無事終了させていただいたことに、会員一同感謝。感謝。また、お会いしましょう。

[文責]ボランティアガイド 島松
[PR]
2011.11.21(月) 古都の紅葉と文学の道

例年になく冷え込みがきついながらも、好天が予想されるなか「西鉄太宰府駅」に急ぎました。流石にスタッフ5名(杢尾さん・河辺さん・前田さん・林さん・市川)は早々と全員集合、お客様はその後順次予定の24名が定刻に集まりました。
c0125356_040682.jpg

ネットの紅葉情報では「竃門神社は色づき始め・・」、杢尾さん曰く”今日は「草紅葉」を楽しみましょう” の気持で「まほろば号」に全員乗車、今日はお客様が多いので2班に分かれて頂き、杢尾班・林班でスタートしました。
「政庁」の鬼門を守ると言われている神社ですが、歴史は意外と古く神武天皇の母である「玉依姫」の伝承も残っています。
c0125356_0421455.jpg
  
まずは周辺の「今一の紅葉?」を全員で眺めながら、竈門神社の由緒と周辺の石碑、又杖術の流祖「夢想権之助」の記念碑、清少納言の父「清原元輔」の歌碑を丁寧に説明、次は今回の目玉となる「妙香庵奥の院」。
c0125356_0431964.jpg

先日天台宗にとって非常に大切な「法理の火」をここ「妙香庵」が受け継ぎ、今後永劫に灯し続ける「大法要」が天台宗座主猊下を招いて行われました。
c0125356_046022.jpg

天台宗開祖の伝教大師最澄は中国に向かう前、又帰国した時も宝満山に縁があり、九州の拠点ともいえる土地です。「蓮華のともし火」を真近に拝みながら「伝教大師立像」の下で1200年前を偲んで頂きました。

あと少々お疲れのお客様に「憩いの場所?」としても色々ご配慮頂いている「石村萬盛堂太宰府工場」に案内しました。暖房のきいた暖かい部屋で茶菓の接待を受けながら、作業内容の説明を聞きました。次々と出される試供のお菓子、わけても絶品の「献上鶴の子」を堪能し、あとにしました。 「石村萬盛堂さん」、それに説明して頂いた「大和恵子さん」、本当に有難うございました。

天満宮の境内に入り、まず「お石トンネル」北側の紅葉を楽しみ、付近の「吉井勇」「富安風生」の歌碑の説明を受けました。今回は「梅が枝餅」の試食を「小山田茶屋さん」にお願いしました。天満宮ご用達のお店で、境内では格式トップランクと聞いています。 

それにしても「萬盛堂さん」に続くお菓子攻めでお客様も十分満足された事でしょう?  

小休止後、「荻原井泉水」「芭蕉」「河野静雲」「高浜年男」等などの歌碑に進みました。境内には文学に縁の深い「道真公」に因み和歌、俳句の記念碑が多々配置されており、歌碑のみでも一日ゆっくり楽しめるコースです。

最後に九州の苔寺と言われる「光明禅寺」で紅葉を楽しみました。 まだ「草紅葉」といったところですが、裏の「枯山水一滴海庭園」の静寂に、皆さん無言で見入っていたのが印象的でした。

終日好天に恵まれながらも、多くのお客様で細かい接待が行き届かなかったのを反省していますが、盛り沢山の中身で何とかご満足頂けたのでは・・・又スタッフ一同も充分楽しめた一日でした。

次回、11月27日(日)のお天気を祈りながら、皆さんとお別れしました。

[文責]ボランティアガイド 市川
[PR]
2011.10.25(火) 団体 古都の歴史遺産(水城跡~政庁跡)  

今日のお客様は元県庁にお勤めのOBの皆様20人、平均年齢は70歳代とか・・・、しかし見るからにお元気そうな面々で最高齢の方は90歳代とのこと。  
対する当方はお客様を2班に分ける為に全員で6名(江口・神吉・杉谷・富永・井土さん、それに市川)で応対しました。
c0125356_0342249.jpg

お天気を心配しましたが、気持ちの良い秋日和で定刻には全員「都府楼前駅」に集合。「共栄会」会長さんの挨拶のあと、今日の簡単なコースを説明、市川班・井土班に分かれ出発。

まず「関屋の道標と一の鳥居」から往時の「日田街道」を通り「刈萱の関」「宝満隠し」の史跡を経て、本日のハイライト「水城跡」に到着、663年の「白村江戦い」が大宰府成立の因であり、その防衛線が本土塁であるとの解説を行いました。 
c0125356_035193.jpg
 
お客様は春日・筑紫野・大野城・太宰府にお住いの方でしたが、” こんな遺跡が身近にあったとは・・・” が殆どのかたの言葉でした。
あと「衣掛神社」「筑前国分寺跡」「御笠団印発掘地」そして最後の「政庁跡」に到着、ここの「正殿跡」に皆さん立ち、ぐるり四方を見回すだけでその立地条件の素晴らしさを感じて頂いたことでしょう。
c0125356_0365228.jpg

c0125356_0363621.jpg

c0125356_0371033.jpg

大宰府はこの政庁を中心に造られた人工の都市であり、その昔「遠の朝廷」としての隆盛はいかばかりだったか!、しかしその後は寂れ、昭和40年代になってから学会・自治体の努力(中でも当時、県庁教育委員会におられた藤井功氏等の功績を縷々説明・・・)でこの遺跡を残すことが出来た経緯を説明、最後は正殿跡で地中から噴き出していると言われる「霊気」を身体いっぱい吸収して頂き、お別れしました。 
最後になりましたが、「共栄会」幹事さん、本当にお疲れ様でした。
c0125356_0373010.jpg

c0125356_0374575.jpg

c0125356_038064.jpg

[文責]ボランティアガイド 市川
[PR]
10月12日(水)

このコースは「里山をノンビリ歩く」をコンセプトに、筑紫野市市内に残る菅原道真公の伝承の地を訪ね、公が天に祈った天拝山を登る山歩きコースです。

当日は良い天気に恵まれ、西鉄朝倉街道駅前を定刻に出発し、「針摺り石」そして天拝山麓の「武蔵寺」「紫籐の滝」「御自作天満宮」とまわった後天拝山に登りました。天拝山では、中世の山城跡、山道脇の道真公御作の歌碑を巡って約1キロで山頂へ到着しました。下山道に入り途中飯盛城跡で食事をし、湯町を通り解散地のJR二日市駅へ。

世話役は私河辺が務め、ガイドは紫籐の滝、御自作天満宮を嘉村、中世の山城を小沼、歌碑を林の各氏が行い残りの部分を河辺が担当しました。また写真撮影及び集金等裏方の仕事は前田さんに担当してもらいました。

お客様は9人、そのうち女性が2人でした。年齢は60代がほとんどで70台が一人おられました。お客様の中には常に山歩きを楽しまれている方もおられ、ほとんど山を登っていない方とのギャップが少しありました。
本当に良い天気に恵まれ山頂からは水城や政庁跡、岩屋城そして遠くには博多湾が望まれ気持ち良い1日となりました。

[文責]ボランティアガイド:河辺
[PR]
10月14日(金)
「伊都国歴史博物館ボランティアガイド」の皆さまをご案内しました!!


 今日は「伊都国歴史博物館 ボランティアの会」のみなさまと「糸島ふるさとガイドの会」のみなさま計16名をご案内しました。
c0125356_031755.jpg

 みなさん太宰府は初めてではなく、また古代史の熱心なフアンということと、コスモスの美しいこの季節を考えて、水城跡を西から東まで全体を歩くことを中心に、コースを組み立てました。
c0125356_1252100.jpg

c0125356_045346.jpg

その後、「筑前国分寺跡」から、「万葉の小径」をぬけて政庁跡まで、約7km。ウォーキングも兼ねた田園風景と飛鳥・奈良時代の歴史の色濃いコースです。

 心配していた雨が、出発少し前から降り始めましたが、みなさん元気な足取りで、質問もどんどんされます。
c0125356_104317.jpg
 
1300年以上もその姿を残している、古代の人々の知恵がつまった水城跡を、じっくり歩いて、見て、感じていただきました。
c0125356_185751.jpg
 
青空の下のコスモスの彩を楽しんでいただけなかったのは残念ですが、雨の中でも記念撮影はばっちり。

最後の太宰府展示館まで熱心に見学していただき、「伊都国の宝は、地中にある。大宰府の宝は地表にあって、ガイドしやすい」と言っておられたのが印象的でした。
c0125356_116247.jpg

 雨の中のご参加本当にありがとうございました。「歩かんね太宰府」としても思い出に残る案内でした。
終了後、早速、レポートを送っていただきました。伊都国、糸島のみなさんに感謝。
  
私たちも、「伊都国」を再訪させていただきます。

ボランティアガイド:島松 記
[PR]
10月22日(土)
福岡市南区の三宅公民館、「男の居場所」という、粋なネーミングのサークルを、昨年につづいて、ご案内しました。
c0125356_1203295.jpg

前日は、終日かなりの雨でしたが、団体の幹事さんが「雨天決行」と決めていただいたので、天気予報にヤキモキすることもなく、朝を迎えました。
c0125356_121378.jpg

 明け方に雨が上がり、定刻9:30前に全員集合、水城西門跡に。
1.2kmつづく水城の大部分で、満開のコスモスが迎えてくれました。
c0125356_1215639.jpg

今年は、背丈もほどよく、花つきもよい、と地元の方が話しています。毎年、種まきのタイミングが異なり、難しいそうです。

 古代の三宅と大宰府の関係なども話しながら、電車でわずか15分の距離にある田園風景と水城のスケールを感じていただきました。

 全員そろって健脚そうなので、水城の東門跡から、四王寺山の尾根を少し登って(筑前国分寺跡のある)国分に抜ける「歩かんね太宰府」おすすめのコースを歩きます。
c0125356_1233789.jpg

c0125356_1243116.jpg

大宰府政庁跡では、解説ののち、気をいっぱいに吸い込んで、お土産としていただきました。
c0125356_12513100.jpg

お楽しみの打ち上げは、ご指定の天満宮小鳥居小路のお寿司屋さん。それまで雨は待ってくれました。

また、来年 別のコースでお待ちします。

ボランティアガイド:島松 記
[PR]