2011.5.17 コースNo7 「宰府参り(西)の道を辿る」

このコースは従来の定番コースに若干の手直しを加えて、今回初めて設けたので、多少不安を持ちながらも、周囲の期待と応援も頂き、会としても力を入れているコースです。

「太宰府天満宮」建立以来、古くは平安鎌倉、中でも江戸時代に盛んになった「天神信仰」で当地にお参りに来た往時の参詣道「日田街道」を辿り、「水城跡」から「天満宮」までを太宰府が誇る道中の史跡を眺め楽しみながら歩くコースです。

今日は風もなく汗ばむばかりの快晴の中、お客様4名・スタッフ4名・計8名が「都府楼前駅」に集合、若干の事前説明の後、まず本コースの出発点となる「水城跡」まで少々汗をかきますが国道を歩いて頂きました。
c0125356_2251082.jpg


途中「稲子地蔵」の伝承を前田さんがユーモアを交えながら説明、少人数のせいもあり、一同すっかり仲良くなり夫々私語を交せながら、メインの「水城跡」に到着。

「水城跡」では当時の倭国・東アジア情勢の概要説明の中で663年の「白村江の戦」を位置づけ、築造目的・規模などに加え、着工時期・工期への疑問を挟みながら解説、次の「衣掛神社」に向かいました。
c0125356_2254125.jpg


「旅人の歌碑」を含めすっかり場慣れした河辺さんの解説に、一同納得納得の様子。 
c0125356_2293094.jpg


この「宰府参り参詣道」には史跡が連続して残されており、道中解説説明する対象には事欠きません。  

「十三仏」の次は「刈萱の関跡」です。
c0125356_22684.jpg


ここでは史実と同時に謡曲でお馴染の「石堂丸」の伝承を高野山・長野善光寺に話を広げ解説、次は天満宮への「一の鳥居」に案内、石鳥居・灯ろう・潮干台・道標等について当時の「宰府参り」の風潮と古代官道も含め説明しながら「遠賀団印発掘跡」を経て、最終の「政庁跡」へ。

太宰府は663年「白村江の戦」が転機で生まれた都であり、政庁が全ての中心に位置する様に設計された人工の風水都市と言われています。
c0125356_227490.jpg


以降平安末期までは朝廷に対して九州地域の総務・税務、又対外的には我が国の外交窓口としての機能を持つ謂わば九州総鎮守府としての役割を持っていました。
c0125356_2272872.jpg


政庁の正殿に立ち、「蔵司」「月山」「条坊制」「3本の顕彰碑」及び「史跡保存の問題」の解説、最後は四王子山から湧き上がってくる霊気を全員身体全体で吸収、これで身も心も洗われてくれれば・・・・と念じつつ、お客様には「宰府参り」の後半「東コース」への参加を呼び掛けて、次の出会いを期してお別れしました。
c0125356_2274790.jpg


最後に一人のお客様から「少人数で勿体なかった・・・・」と言って頂いた言葉が、スタッフにはひいては「歩かんね太宰府」への何よりの贈り物でした。

ボランティアガイド:市川記
[PR]
◆ 4月17日(日)のアルバム


◆ 5月15日(日)のアルバム
[PR]
◆ 3月30日(水)のレポート

◆ 5月11日(水)のレポート


ボランティアガイド 斉藤
[PR]
4月7日(木)

宰府参り(東)コースは今季より新たに設定したコースです。

宰府参りとは、江戸時代に盛んになったもので、当時の安楽寺天満宮に参詣にくることを云います。一般庶民にとっては、学問の神様にお参りすることも有意義なことでありましたが、太宰府周辺の名所や旧跡を巡ったり、二日市温泉に浸って旅の疲れを癒したり、宿場に泊まって少しハメを外したり・・・と、楽しみの多い物見遊山の旅でありました。


まずは関屋の一の鳥居・石碑などをご説明し、参加者一同 宰府参りの気分となりました。
c0125356_2213042.jpg


関屋から太宰府政庁跡までは三笠川沿いを進みましたが、ちょうど桜が満開でお客様も喜んでいらっしゃいました。
c0125356_22132755.jpg


道沿いの三笠川の川面にはカモが気持ちよさそうにスイスイと泳いでいました。
c0125356_22134788.jpg


宰府参りの人々も見学したであろう大宰府政庁跡、観世音寺を巡り満開の桜の下でお客様と記念撮影です。
c0125356_2214722.jpg

c0125356_22143164.jpg


宰府宿は三笠川に沿って形成され、天満宮と五条を囲むほぼ楕円形の範囲でした。宰府宿は東西南北に入口があり構口(かまえぐち)と呼ばれていましたが、今回は西の高橋構口跡、南の五条構口跡、東の溝尻構口跡をご案内いたしました。構口は黒瓦を乗せた土壁でできており、右写真は昭和40年代まで残っていた五条構口跡の土塀です。

c0125356_2216558.jpg

宰府宿は3つの顔を持っていました。①南側の商人・職人さんの町、②北側の天満宮近辺の社家の町、そして③その中間に、江戸以降宰府参りの人達が宿泊する宿場街が形成されました。

商人・職人さんの町では中世以降、天満宮や観世音寺の保護のもとに商品の製造・販売の特許を持った宰府六座(現在の商工会議所的なもの)ができ、米屋・小間物屋・相物屋・染物屋・鍛冶屋・鋳物屋などが繁栄をいたしました。六座の子孫の方は今でも五条地区にお住まいです。道沿いの家の表札には船越、古川、平井・・・など六座を形成されていた方々の名字が見受けられます。
金掛け天満宮では六座の一つであった米屋で財を成した古川家の逸話をご披露しました。
c0125356_22145544.jpg


宰府宿の中は数多くの恵比寿様および庚申塚が祀られています。
恵比寿様は商売繁盛の神様で商人や宿場の人々に信仰されました。また庚申塚は道教の影響が強いもので主として農家の人たちに信仰されました。
c0125356_22151732.jpg


宿場の中にはいくつかの町屋も残っており昔の風情をかもし出しています。
c0125356_22153545.jpg


ご案内も順調に進み天満宮参道では、時間の余裕も出来たこともあって、急きょ松屋さんにお邪魔し、きれいな庭で梅ケ枝餅とお茶で雑談をいたしました。
c0125356_2216393.jpg

桜も満開で気候もよろしく、お客様には十分喜んでいただいたと思っております。

ボランティガイド 石橋
[PR]

4月26日(火)

風が強いながらも最高気温は25度とまずまずの天候になりました。
参加者は6名(男女各3名ずつ、年齢は全員50歳以上)とスタッフ3名の計9名で西鉄下大利駅東口から「水城の歩き」をスタートしました。
c0125356_0273415.jpg


下大利団地の中を通り抜けて御笠川へ、ここで菅原道真公に纏わる伝説それに続き水城の老松神社へ、老松の由縁や境内の石碑、祠について説明し、その後は国道112号線と江戸時代の日田街道を横切る道を進みました。
c0125356_0275569.jpg


そしていよいよこのコースで唯一の急な登り坂が続く水城団地に入り、少し不安を抱かれる参加者の方もおられのでテンポを緩めて進んで全員が四王寺山麓まで到着し一呼吸入れて展望台を目指して山道を歩きました。
c0125356_028167.jpg


展望台では水城の全体をくっきりと見ることが出来、参加者の皆さんから「素晴らしい!!」の声が上がりました。ここでゆっくり時間を取り景色を堪能しながら江口さんの水城築造の背景及び構造等の説明に皆さん熱心に耳を傾けてられていました。
c0125356_0283683.jpg

c0125356_0285453.jpg


その後妙見菩薩を奉る祠を経由して水城の東門跡へ降りて少し休息時間を取りしました。

東門跡からは水城の基台部の土手を会話しながら進み、御笠川と国道3号線バイパスを横断し大野城市側の水城へ到着し、JRの線路まで再び水城の基台部の土手を歩き西門跡まで歩き、その後水城の最も西側の吉松の望楼跡まで歩を進めました。
c0125356_0291899.jpg


ここまで半日かけて春の草花や樹木の新緑がいっぱいの水城を東側の端から西側の端まで歩き、各所で江口さんの判り易い説明や富田さんの草木に関する説明に参加者の皆さんに満足感が伺えホッとしました。
c0125356_02937100.jpg


ほんとうにありがとうございました。

ボランティアガイド 嘉村
[PR]
アルバム

3月26日 土曜日

週間天気予報では、晴れだったのに朝起きて見ると小雨模様、桜トレッキングと銘打っているのに、昨夏の異常気象に続いて、この春は東北関東大震災の大凶事に加え、桜の開花予想もはずれて、前途多難を思わす日々ですが、そこは気持ちをきりかえて、白木原の駅へと向かう。
c0125356_012464.jpg


9人の参加者が集まられ、中に8才のはるかちゃんという元気な少女も加わり、サポーターの神吉、原田、最上氏を加え3人で駅前からのコミュニティバスに乗りました。

20分位で、四王寺山の山麓に近いマドカ・パークに到着、野球場、陸上競技場を横目に樹芸の森をめざす。

本来ならこの途中にも、桜が咲き乱れているはずなのに、今年は固い蕾が少し膨らんだ位で、あと一週間すれば五分咲きになるのにと悔やまれる。
c0125356_0131678.jpg


大野城市民の老人会、婦人会、各小学校の生徒が手分けして約2500本の桜を昭和五十八年頃植樹したと伝えられ、桜並木が続く筈なのだがとまたボヤいてしまいました。
c0125356_0135976.jpg


樹芸の森を抜け、遊歩道から本格的な山道に入り、20分位昇りつめると中腹の展望台に出た。
西を見渡すと大野城市は元より福岡市街が眼下に広がる。
北は正面に乙金山が鎮座し先は見えない。でも晴れていればはるか糸島付近まで眺められる絶好な場所であることは間違いない。
c0125356_0142149.jpg


数分の休憩の後、また登り出す先述のはるかちゃんが元気に前走りをしてくれる。山の傾斜が急になって皆さん達の中にはシンどくなった方もおられたようだが、はるかちゃんは強い。

そうこうする内、主峰大城山に到着、古代山城大野城のいわれや、四王寺山と名のるようになった経緯を御話しました。
c0125356_015771.jpg


大城山からは西側の尾根伝いに、中食の場所である県民の森センターを目ざします。

途中、広目天跡、けいさしの井、水城口城門跡、猫坂礎石群を紹介し、県民の森センターに到着したのは11時30分をまわった頃でした。

はるかちゃんは、食事もそこそこに子供の国の遊具ま場所で、元気に跳ねまわっていました。

昼食をおえると焼米ヶ原をめざして、再度上がってもらいました。
その道は今度太宰府の市民遺産に認定していただいた四王寺村の小学生が太宰府小学校へ通った道を歩いていただきました。

焼米ヶ原では、神吉さんのリードのもと皆さんにも1350年前の炭化米の発見にいそしんでもらいました。焼
米ヶ原からの南そして東の眺めはいつ来ても、気持ちが良くなります。
c0125356_0181016.jpg

c0125356_0182565.jpg


広々として、オゾンが一杯だからでしょうか大宰府口城門跡、岩屋城跡と古代、中世の山城を比較して見てもらいながら、下山の途につきます。途中宇美林道や、岩屋城周辺も本来ならここも桜並木が続いている筈なのにと最後の最後まで、悔やみっぱなしでした。
c0125356_0222194.jpg


でも参加者の皆さんは誰も不平不満もおっしゃる事なくまた落伍することもなく全員完歩されました。
c0125356_019191.jpg


大変素晴らしい、またはるかちゃんは最後まで疲れたの一言も発せず、スーパー少女ぶりを発揮してくれました。

再見謝謝

ボランティアガイド 小沼
[PR]