11月12日(金)、心配していたお天気もスタート時には青空も見えるようになり、集合場所の西鉄太宰府駅には12名全員のお客様が無事到着されました。
遠くは、田川郡からご参加いただき本当にありがとうございます。

今日のボランティアガイドは、ベテランの山崎さんと、山田さんです。
c0125356_22383645.jpg


西鉄太宰府駅を出発して最初にご案内したのは、参道にある松屋「維新の庵」です。
「歩かんね太宰府」発足当初から、松屋「維新の庵」をご案内しておりますが、春・秋と違った空間が奥のお庭に広がり、四季折々の季節感を楽しめるのはこのコースの魅力の一つです。
c0125356_22393180.jpg


次にご案内したのは、光明禅寺です。
光明禅寺は庭園の美しさで知られている臨済宗の禅寺です。
鉄牛円心和尚が創建した鎌倉時代の古寺で、前庭は15の石で光という文字を造る「仏光石庭」、後庭は苔と白砂で海と陸を表現している「一滴海之庭」です。
これらは九州最古の枯山水といわれています。
今回は、前庭のみご案内いたしました。
※後庭は、『03.まほろばの里歩き(東)』のコースでご案内しております。
c0125356_22403835.jpg

c0125356_224093.jpg


裏道の坂と階段を登ると九州国立博物館へ到着です。
c0125356_22352130.jpg


九州国立博物館では、九博のボランティアガイドにバトンタッチ。
舞台裏(バックヤードツアー)と文化交流展をご案内いたしました。
「普段入れない場所(バックヤード)に行く事ができ感激です」と皆さまは大満足のご様子でした。
『九博』のボランティアガイドの白石さん、いつもご協力ありがとうございます。
c0125356_2371328.jpg

現在、特別展は『誕生!中国文明』が開催中です。
c0125356_225037100.jpg


太宰府天満宮では、延寿王院~御本殿(菅聖廟)~大楠(国天1号)~天満宮攝社をご案内いたしました。
この日は、海外・修学旅行・七五三の沢山のお客様がお参りされ、『菊花展』とも重なり境内は大賑わい、その為境内の説明でお聞き取りにくい場所があり申しわけありませんでした。
※太宰府天満宮境内はハンドマイクが使えない為、ご了承ください。
c0125356_2351788.jpg

c0125356_2237039.jpg


さあ、待ちに待った昼食の時間です。
今回は『小山田茶屋』で「歩かんね太宰府・特製お弁当」をいただきました。
「一息つけて、昼食の時間と重なり特製お弁当はとても美味しかったです~」と、うれしいお声を聞けてお世話役で奮闘したスタッフも「良かった~」とひと安心です。
『小山田茶屋』さん、本当にありがとうございました~。
c0125356_22371435.jpg


「楽しかった~、ありがとうございました~、また来ます~」という参加者の皆さまからのお声が、ボランティアガイドのエネルギーの源です。
太宰府でまたお会いできるのを楽しみにお待ちしています!!

文 碇

その他の写真はこちらから!!
[PR]

「まほろばの里歩き(東)」10/21(木)

今秋より「まほろばの里歩き(東)」コースは内容を一部変更して実施しております。

今春までは西鉄太宰府駅に集合し、政庁跡までのご案内でしたが、今回からほぼ逆コースをとり西鉄都府楼前駅に集合し、太宰府・光明禅寺までのご案内となりました。集合場所を西鉄都府楼前駅としたのは福岡方面・久留米方面からのお客様の利便を考慮したものですが、そのため歩く距離は従来の3.5kmから1.0km強増えて4.5kmとなりました。

まずは今回からの新しく取り入れた「関屋の道標&一の鳥居」、「遠賀団印出土地」からのご案内です。
c0125356_21253643.jpg

c0125356_21254941.jpg



その後、従来もご案内していた「政庁跡」、「観世音寺」、「旭地蔵尊」、「横岳崇福寺跡」をご案内です。
c0125356_21231359.jpg

c0125356_21233591.jpg

c0125356_21235421.jpg


参加者の中には「三日月山へ登ろう会」の6名の方がいらっしゃって、三日月山近くの立花山にもよく登られるそうです。旭地蔵尊と横岳崇福寺跡の中間地点から仰ぎ見る岩屋城跡を眺めながら、立花道雪の元へ婿養子に入った高橋紹運の子供・(立花)宗茂の話などで盛り上がりました


その後、従来の案内地「天満宮門前町」を巡り、これも新しく取り入れた「藍染川・伝衣塔」、「光明禅寺」をご案内です。
c0125356_21241253.jpg



光明禅寺は紅葉の時期にはまだ尚早で他の参拝客も少なく、その分ゆっくり庭園を鑑賞する事が出来ました。「仏光石庭」の簡素で凛とした厳かな風情、また特に「一滴海の庭」では青葉の間からの木漏れ日の景色を堪能していただきました。「こんな素敵な場所があるとは知りませんでした」とおっしゃるお客さまには、11月末以降の紅葉、冬の雪景色、春の若葉と石楠花・・・なども紹介いたしました。
c0125356_21243871.jpg

c0125356_2125239.jpg


お寺さんのご厚意でアンケートは寺内で。庭を観賞しながらゆっくり記入して頂きましたが、こんなに時間を掛けて記入いただいたのは初めてです。今後の参考にさせていただきます。ありがとうございました。

今回、11名参加いただきましたが、そのうち10名の方が初参加ということで、リピーターの方が多い最近ではかなり珍しいお客様構成です。初参加の方がリピーターになられることを期待したいものです。

(備考)今回、新しい「まほろば里歩き(東)」コースであるため、従来ご案内していた金光寺跡、横岳崇福寺法堂跡、弘法水、日吉神社などはご案内対象外といたしました。


[ボランティアガイド] 上園、原田、神吉、石橋
[筆責] 石橋


その他の写真はこちらから!!
[PR]

10月15日(金) 
 「門司北高校 同期会」の皆様をご案内いたしました。

c0125356_19382636.jpg

 開催日前夜遅く雨が強く降り心配していましたが、開催日(10/15)は朝から参加者の皆様を歓迎する様な秋晴れの日になりました。

c0125356_19401160.jpg

 今回のお客様は昭和33年門司北高卒業の同期会総勢30名さまです。

c0125356_19481268.jpg

 当方 歩かんね太宰府のスタッフはガイド役3名、サポーター役3名にカメラ担当1名の計7名で、お世話させていただきました。

c0125356_19411268.jpg

 朝9時20分、大宰府政庁後に集合、3班に分かれてスタート、

c0125356_1942894.jpg

政庁後では大宰府が誕生した背景、その後の歴史的経緯等を説明して学校院跡を通り戒壇院へ、

c0125356_194374.jpg

僧尼の戒律の乱れや質の低下が見られるため唐より鑑真が招かれ戒壇院が設置され、観世音寺では道真公が詠んだ漢詩の中にある観世音寺はただ鐘声を聞くといった日本最古の梵鐘にまつわる話などの説明がありました。

c0125356_19433388.jpg

 お客様からは、知っているようで知らなかった太宰府の歴史について再発見できたとの声がありました。

 歴史の散歩道を通り古道をゆっくり歩けたことが何より楽しかったと嬉しいお話も伺いました。

c0125356_1944472.jpg 
 
 お客様が同期生ということで、みなさんが和気あいあいでお世話するほうも楽しい一日を過ごすことができました。
 

感謝です、ありがとうございました。

文 最上


その他の写真はこちらから!!
[PR]

10月11日(火) 16コース
 基山・天拝山縦走20kmウォーキング

 天候に恵まれ基山・天拝山縦走は8時40分にJRけやき台駅をスタートしました。

 今日のお客様は、男性7名・女性8名の15名で、初めてご参加の方は4名、リピーターの方11名です。遠くは田川や糸島からもご参加くださっています。
c0125356_20194542.jpg


 朝夕は涼しくなったとはいえ、坂道を登ると汗が噴出してきます。
c0125356_20201399.jpg


 一番初めの見学場所は基肄城の水門跡です。ガイド小沼山の解説を皆さん熱心に聞いていらっしゃいました。
c0125356_2021433.jpg


 さぁ、ここから先は登山道です。この道は昨年基山町で整備された新しい道です。倉庫跡と思われる礎石群を通り東北門跡へ向いました。ここは片方だけですが門の礎石が残っています。山頂まであと一息です。北帝門跡を通り本城跡(山頂)へ向いました。
c0125356_20213375.jpg


 「ヤッター!」すばらしい眺めに、みなさん疲れも吹き飛んだ様子です。20分の休憩後解説を聞き、昼食場所となる天拝湖めざして下山開始です。途中ではツリフネソウやサクラタデなどの可憐な花が目を楽しませてくれました。

 12時45分天拝湖到着、待ちに待った少し遅めの昼食です。おなかも満ち、みなさん元気回復です。天拝山に向って出発!
c0125356_20223059.jpg


 前回までの九州自然歩道ルートはアップダウンが激しいので、今回はルートを変えました。緩やかなのぼりで、皆さん登りやすかったようです。
c0125356_20235599.jpg


 天判山城を経て、今回新しくご案内する堂ノ山砦へ。ここは武蔵寺の御自作天満宮のすぐ上になります。中世の山城跡であると同時に、それ以前の経筒も出土しています。立ち入り禁止になっているので中には入れません。
c0125356_20445538.jpg

c0125356_20251933.jpg


 ゴールの天拝公園はすぐ下です。皆様、お疲れ様でした。健脚ぞろいで和気あいあいと楽しい一日を過ごすことができました。
c0125356_20255774.jpg

c0125356_20342152.jpg


 「歩かんね」はほんとうにお客様に支えられていることを実感します。どうぞ今後ともよろしくお願いします。

文 神吉

その他の写真はこちらから!!
[PR]