------------------------------------------------------------------
OP-1 3/28(日)
   「太宰府の条坊とどんかん道から天満宮へ」
------------------------------------------------------------------
OP-2 3/28(日)
   「太宰府のさくら巡りウォーキング」
------------------------------------------------------------------
01.  4/2(金) 
   「竈門神社の桜と文学の道を苔寺(光明禅寺)まで歩く」
------------------------------------------------------------------
02.  3/29(月)4/3(土)
   「古都の桜とアトリエ巡り」
------------------------------------------------------------------
03.  4/16(金)4/30(金)5/11(火)
   「九博の舞台裏と天満宮・光明禅寺を訪ねる」
------------------------------------------------------------------
04.  4/20(火)5/16(日)
   「まほろばの里あるき(東)」
------------------------------------------------------------------
05.  4/11(日)5/11(火)
   「まほろばの里あるき(西)」
------------------------------------------------------------------
06.  4/18(日)5/14(金)
   「水城城をまるごと踏破しよう」
------------------------------------------------------------------
07.  4/15(木)5/9(日)
   「水城跡の自然を楽しもう」
------------------------------------------------------------------
08.  4/13(火)5/9(日)
   「樟蔭史談と史跡散歩」
------------------------------------------------------------------
09.  4/17(土)5/16(日)
   「太宰府の伝説・石碑を訪ねて」
------------------------------------------------------------------
10.  4/7(水)5/12(水)
   「戒壇院周辺ゆったりアート散策」
------------------------------------------------------------------
11.  3/30(火)4/29(木・祝)
   「二日市ほっと漫遊旅」
------------------------------------------------------------------
12.  3/29(月)4/25(日)
   「龍馬の旅~太宰府まち散歩~」
------------------------------------------------------------------
13.  4/18(日)5/22(土)
   「天神さまの牛さがし」
------------------------------------------------------------------
14.  4/6(火)4/24(土)5/25(火)
   「古代官道・朱雀大路ウォーキング」
------------------------------------------------------------------
15.  4/8(木)4/29(木・祝)5/18(火)
   「歴史の散歩道ウォーキング」
------------------------------------------------------------------
16.  5/14(金)
   「四王寺山33ヶ所観音巡りウォーク(一日結願)」
------------------------------------------------------------------
17.  4/16(金)
   「四王寺山33ヶ所観音巡りウォーク(東廻り)」
------------------------------------------------------------------
18.  4/30(金)
   「四王寺山33ヶ所観音巡りウォーク(西廻り)」
------------------------------------------------------------------
19.  4/25(日)5/23(日)
   「筑紫野古代・中世山城20Kmウォーキング」
------------------------------------------------------------------
[PR]
5月16日(日)

 快晴の天気に恵まれ、6人のお客様と西鉄太宰府駅をスタートしました。
c0125356_2126335.jpg


 江戸時代「宰府まいり」で賑わった参道付近について、今も残る町屋の景観を歴史的・民族的観点から伝承を交えながら昔の風景、人の動きが分かるよう、また想像できるよう案内しました。
c0125356_21264431.jpg


 斉垣の位置を説明し、それより向こうが天満宮境内、手前は旅館街であったこと、金鳥居があったこと、明治維新にあたり三条実美や坂本竜馬・西郷隆盛らが延寿王院で画策したこと、馬車鉄道が走っていたことなど、太宰府にお住まいのお客さんも居ましたが、「はじめて知りました」と興味深く熱心に聞きこんでいました。

 参道から旭地蔵までは、御笠川の畔を歩きながら御笠川にまつわる地名や伝承・自然や市民の美化活動を説明したら、澄んだ川の水に気付いてくれました。太宰府市が歴史の町として多くの人に一人でも散策できるようにと太宰府から出土した古代のレンガ「文様?」をデザインした「つたい石」について案内しました。

 朝日地蔵では、堪慧禅師が受けた悲憤慷慨をお話し、博多崇福寺の再興と同時に分霊され、博多の旭地蔵では今も毎月お祭りがあることを案内し、次の横岳崇福寺跡では、堪慧禅師が創建してから七堂伽藍の大寺院になった経緯と岩屋城の戦いで灰燼と帰し、江戸時代に博多千代町に再興され黒田藩の菩提寺として、現在でも法灯が続けられていることを説明した。
c0125356_21271719.jpg
 
c0125356_2129658.jpg


 推定金光寺跡、弘法水を案内し、観世音寺へ。
観世音寺は、「府の大寺」と言われ中大兄皇子(天智天皇)が母斉名天皇の菩提をとむらうために発願・建立した寺で、七堂伽藍が整った大寺院でありました。講堂・金堂には、平安時代から鎌倉時代にかけてのすばらしい仏像がかっては安置されてが、現在は、法蔵に安置されており観る価値が大きいので是非機会をつくって鑑賞するようを案内しました。また、国宝・梵鐘や五重塔は案内を欠かせない史跡であり、じっくり見てもらい戒壇院へ向かいました。
c0125356_2129332.jpg


 戒壇院では、仏教が国家仏教であったころ僧尼の質の低下を嘆き、朝廷が戒律を確立するために創建した寺院であり、昆慮舎仏(日本に3体しかない)と文殊・弥勒菩薩を案内し、玄昉の墓へと向かった。
c0125356_21302019.jpg


 玄昉は、吉備真備と共に唐に渡り、玄宗皇帝から紫袈裟を許され、多くの仏典、仏像を持ち帰り日本の仏教に大きく貢献しました。帰国後宮廷で権力を振るったので、藤原広嗣の霊により怪死したと伝えられる伝承を説明しましたら、お客さまの関心を呼び、玄昉の墓があることをはじめて知ったとの声も聞きました。

 学校院跡は、地方の国の国学とは違い大宰府には府学校があり、政庁や九州六国の官吏を養成する機関として、約200人の学生が学んでいたことを、車の騒音を避け中の木陰で説明しました。
c0125356_21304765.jpg


 最後は大宰府政庁跡です。663年に白村江の海戦で大敗した朝廷は、当然唐・新羅の連合軍が攻めて来ると想定し、急ぎ水城・大野城・基肆城からなる防衛施設を築きその中に那の津にあった三宅を移した、これが大宰府の始まりである。しかし、唐・新羅軍は攻めて来ることは無く、新羅は大和朝廷に親睦を求めてくるようになったため、朝廷は威厳を示すため立派な朝堂院形式の建物を建て、内外の諸儀式を行なってきたこと、礎石、大宰府の条坊制、蔵司、月山、三つの顕彰碑を説明しました。フィナーレは政庁跡には、万物出現以来清なる「気」が湧き出でているところであると説明し、顕彰碑の前で全員で「気」を一杯吸い込み解散としました。
c0125356_2131193.jpg

[ボランティアガイド]石橋、嘉村、江口、上園
[筆責]上園

その他の写真はこちらから
[PR]
by dazaifuwalk | 2010-05-16 18:00

5月14日(金)

観音様のお陰で今回も全く天候の心配はありません。
約16kmの山道を7時間かけて四王寺山中に点在する33ヶ所の観音様を巡るハードなコースですが、既に観音巡りの東回り又は西回りに参加され健脚を実証済みの方々で、参加者及びスタッフともに顔見知りが多く和やかな雰囲気の中、会話を交わしながら総勢23名(参加者18名とスタッフ5名)で太宰府館前をスタートしました。 
c0125356_22133231.jpg

c0125356_2213565.jpg

午前中に1番札所から順番に23番札所を巡り宇美県民の森センターで昼食休憩をゆっくり取り、午後はまず四王寺村にある33番札所へ、その後24番札所から順番に32番札所を巡りました。
c0125356_2214516.jpg

c0125356_22143086.jpg

この間、各札所の観音様(石像等)の横にサンスクリット語で書いてある呪文を3回唱えると願いが叶うとのことで・・・口に出して唱える方、胸のうちで唱える方・・皆さん一心に結願をお祈りされていました。
c0125356_2222580.jpg

c0125356_22141344.jpg

c0125356_22142034.jpg

また、遠見所では南側の久留米方面を、岩屋城跡では太宰府周辺を、そして26番札所付近では博多方面を良く見通すことができました。特に博多方面は遠くヤフードームや玄海島そして可也山(糸島富士)までもはっきりと見える素晴らしい眺望を堪能しました。
更に建物が唯一残っている毘沙門(多聞)天、礎石だけが残っている増長天、広目天、持国天跡を見たり、八並、猫坂倉庫群礎石を見たりと四王寺山の遺跡等をほとんど見聞できました。
c0125356_22354430.jpg

c0125356_2214498.jpg

山道ウォーキング途中ではワラビを見つけたり、道端や樹木の花に話が弾んだりと楽みながらの観音様巡りでした。特に27番札所付近で参加者の方が珍しい「キンランの花」を見つけて、皆さんカメラに収めていました。
c0125356_22152447.jpg

c0125356_22382460.jpg

そして15:30過ぎ最終地点の観世音寺まで降りて来てお別れの挨拶をしたその時、観世音寺の国宝の鐘の音を二度三度と・・聴くことができ、多数の方が初めて音色を聴いたと興奮気味でした。
c0125356_2242135.jpg

ほんとうに最後まで素晴らしい一日でした。きっと皆さんの結願成就することでしょう!!


[レポート]サポーター:嘉村
[PR]
by dazaifuwalk | 2010-05-14 00:00