6月7日(土)晴れ
今日の「歩かんね太宰府」は、2コース実施されていますが...
その中の一つ、「古代朱雀大路を歩く」のレポートです。

c0125356_2148232.jpg

このコースは、人気のコースの一つですが、今日はコスモ石油福岡地区交遊会の方々16名の団体で参加された臨時のコースです。
梅雨のあいまの晴れの日で非常に蒸し暑い日となりました。
9時30分に全員集合!! ガイドは城戸さん・スタッフ3名です。
交遊会の方(古賀さん)をはじめ16名、合計20名の大世帯でスタートです。

c0125356_1426164.jpg

最初は西鉄二日市駅横の条坊跡発掘現場の説明です。
残念ながら土曜日の為、発掘作業はされていませんでしたが、この発掘現場の位置・道路の様子等々わかりやすく説明が楽しく聞けました。
c0125356_14282093.jpg


菅原道真の住居のあった榎社・鶴の伝承・近隣公園のドロクサンヤネのセンダンのいわれ・朱雀門の土地等、大宰府政庁へまっすぐのびる朱雀大路、大陸からの使節が通った道をいにしえに思いはせながらめぐってきました。
c0125356_14284054.jpg

c0125356_15293411.jpg


政庁跡まで、使節の一員になったつもりで説明を受け、更に昭和30年代後半からの政庁跡の保存についての話合いの状況を聞き、関係者の方の保存に対する情熱については感激でした。
c0125356_14294273.jpg


予定通り、12時は政庁跡で解散し、事故もなく終わりました。
c0125356_1430795.jpg

関係者の皆さま、感謝!!
(サポーター:最上)
[PR]
by dazaifuwalk | 2008-06-19 21:45 | コスモ石油
今日の会議では、これまでの実績とこれからの予定を含めた諸連絡に始まり、事務局体制の強化についてや、今年秋開催に向けてどう発展させていくかなどを話し合いました。

c0125356_354488.jpg

秋の開催を成功させるためには、これまでを省みることも大切。
多方面からの視点・感性・アイデアを柔軟に受け入れ、メンバー一人ひとりからも意見を伺います。
c0125356_355728.jpg
現場を知るガイドさんの声から、今後の方向性を検討していきます。
このときの議題は、春を振り返って、秋に向けて継続していくべき「うまくいっていること」。


梅雨の時期ですが、歩かんね太宰府はいつでも元気です!
次回の実行委員会は、

7月1日(火) 18:30 から。

<次回までの宿題>
1. 新コースのアイデアを考えてきてください(1人3つ以上!)
   実現可能性はある程度置いておいて、自分が面白いと思うコースを!
2. 残すべきコース(定番・人気コースなど)を選んでください!
[PR]
by dazaifuwalk | 2008-06-17 23:30 | 例会の報告
基本的に隔週で行われている実行委員会、次回は

6月17日(火)18:30から!!

○場 所:いきいき情報センター 205号室
○対 象:どなたでも
○問合せ:太宰府市NPOボランティア支援センター内
     「歩かんね太宰府」実行委員会
     〒818-0125太宰府市五条3-1-1 いきいき情報センター2階
○電 話:080-6446-3905
○FAX:092-918-3644

『「歩かんね太宰府」って、ちょっとおもしろそう!』と、思ったあなた!!
ちょっとのぞきにに来ませんか?
「歩かんね太宰府」実行委員会はいつでも見学自由です!
[PR]
by dazaifuwalk | 2008-06-14 22:55 | 例会の報告
○ウェブアルバムはコチラから

全コースの紹介は、春の「歩かんね太宰府」パンフレットをダウンロード(2.1MB)

いよいよ大詰めとなってきた2008年春の「歩かんね太宰府」。今回のレポートは、「戒壇院の座禅と立体万華鏡づくり」です。バラエティに富んだコースが多い「歩かんね」の中でも特に個性的なコースなだけに、参加者の顔ぶれも個性的(?)です。

c0125356_20453888.jpg


朝の戒壇院の清澄な空気の中、ご住職に座禅の心得を教えていただき、しばし俗世を忘れて瞑想の時間です。“座禅”というと、難しいもののように思われる方もいらっしゃいますが、ご住職によれば自分のスタイルで、朝起きてベッドの上で5分間など、とにかく続けるのが大事とのこと。このブログを読んでいる皆様も一度、戒壇院に赴いてみてはいかがでしょうか?

c0125356_22193284.jpg


続いては太宰府のベテラン名物ガイド・貞刈惣一郎さん(御年89歳!!)による、戒壇院〜観世音寺ツアーです。

c0125356_2228578.jpg


案内した団体はゆうに一万を超えるという貞刈さんの、ご自身で手作りされた資料を駆使した語り口に、歴史の世界へと一気に引き込まれます。教科書の中でしか知らなかった名前が、血の通った人物像として生き生きと描写され、時間を忘れて聞き入ってしまいました。

c0125356_22313163.jpg


ご自身で手作りされたという「筑紫児童図書館」で貞刈さんとお別れし、次に向かったのは最終目的地、観世音寺公民館です。ここで昼食をとってから、いよいよ立体万華鏡づくりのスタートです。

c0125356_22361558.jpg


「こんなのやったことないよ…」と言いながら、皆さんの顔は真剣そのもの!子供のようなキラッキラの瞳で自分なりの万華鏡をつくっていきます。さらに、今日の太宰府巡りのイメージで俳句もつくるという、何とも盛りだくさん!!「ここはどうするの?」「こんな感じでつくりたいんだけど?」「道具が足りないよ〜!」などなど、皆様のご要望にお応えするため、スタッフも大忙しです!

c0125356_22412363.jpg


そしてここでスペシャルゲスト!!ちょうちょをつかまえようと追いかけてきた女の子が、「なにやってるの〜?」と仲間入り。なんというか、太宰府ならではの、のんびりした光景です。

c0125356_22474148.jpg
c0125356_22475433.jpg
c0125356_2248424.jpg

c0125356_14521286.jpg


全員でせーの!でつくり始めたにもかかわらず、出来上がりはまさに十人十色、不思議なものです。

c0125356_22521464.jpg


最後は、みんなでそれぞれ自信作を持って記念撮影。梅雨前の晴れ上がった空の下での太宰府めぐり、みなさんのこころの中の大切な思い出となれたでしょうか。

(サポーター:中野)
[PR]
by dazaifuwalk | 2008-06-09 23:00
今回の企画会議は、
①5月17日臨時コースの感想
②組織運営の現状と問題点
③これからの方針と対策
といった内容を活発に話し合い、
様々な視点から意見が飛び交う充実した会議となりました。
c0125356_23423716.jpg

「歩かんね太宰府」が発足して、早一年。

思えば一年前は本当に何も無いゼロからのスタートでした。少ないメンバーで始まったこの企画は、どうなるか予想がつかないほうがおもしろい!と「太宰府の新しいまちあるき」への夢を膨らませ、ワクワクしながらあーでもないこーでもないと試行錯誤の日々を楽しんでいた気がします。

徐々にメンバーが増えたことで実行委員会も大きくなり、事務局ができました。様々な立場の方が既存の組織や団体の枠を越えて集まり、一丸となって“新しいまちあるき「歩かんね太宰府」”として走り続けてきたのです。その結果多くの方々にご参加、ご協力いただき、ここまでの成果を挙げることができたと思っています。

ですが、ある程度「形」が作られたことで、次はそれぞれの思いや考えの違い、不安や疑問が少し見えてきました。
c0125356_23441627.jpg

  「現状はどうなってるの?問題点はどこ?」

        「そもそもの趣旨やコンセプトって何?」

  「今後の目標は?方向性はどうなってる?」

          「メンバー間の温度差が気になる・・・」

・・・などなど。

これらの思いは、活動を続ける上で非常にデリケートな問題です。
今ある問題を真摯に受け止め、これからのあり方をメンバーで改めて話し合い、それぞれの考え方を理解することで、また一つ前へ進んでいけると信じています。

ということで、次回の実行委員会は、
6月17日(火)18:30〜
です。

また、6月5日(木) 17:30~ 企画会議を行います。

内容は、今後のあり方やこれまでの見直しを中心に、事務局とメンバーの思い、考え方の意見交換を行います。
[PR]
by dazaifuwalk | 2008-06-03 23:45 | 例会の報告
○ウェブアルバムはコチラから

全コースの紹介は、春の「歩かんね太宰府」パンフレットをダウンロード(2.1MB)

 「歩かんね太宰府」の春のコースから「太宰府万葉会」の皆さまにご協力いただき、"万葉の歌碑めぐり"を楽しんでいただけるようになりました。

 今回は西鉄都府楼駅に9:30に集合、国分天満宮から水城跡までの、3つの歌碑をご案内していただきました。

c0125356_14575022.jpg


 順路は、国分天満宮〜国分小学校〜水城古道〜水城展望所〜水城跡です。
残念ながら、参加者は1名という事でガイドの松尾さんと柴田さんには申し訳なかったのですが、いつもサポーターや写真撮影で参加している為ガイドの方の解説がゆっくり聞けないので(T_T)/~~~

 参加者が少ない時は、私にとってはのんびりとガイドの方のお話を聞ける
"絶好のチャンスヽ(^。^)ノ"なんです。又、参加者の方とのふれあいの時間も沢山ありますので、人数が少ない分、お得な事が沢山あるんですよ。

 ボランティア活動を楽しみながら続けられるように、私なりの"楽しみ"方を見つけています。

c0125356_1502532.jpg


 今回は、歌碑3基をめぐりました。「歩かんね太宰府」のコースは、とてもバライティ豊かなので、各コース参加する度に、こんな所(史跡)が太宰府にあったの!!と驚くばかりなのですが、今回"万葉の歌碑めぐり"に参加して、万葉の奥の深さを再発見してしまいました。

c0125356_152449.jpg


 ガイドの松尾さんが女性という事もあって、女性の視点から万葉びとの歌とこころにふれる解説は、深く心に染み渡り、"万葉びとの心にふれるといじめ等なくなると思いますよ!!"という松尾さんのお言葉は心に残りました。
 数千年前の人々の思いが現代に生き続け私達の心にも通じるものがある....と思うと、不思議な感覚を覚えます。
 人生80年、千数百年前と聞くと私達の人生は流れ星のようです。
"時は悠々・時間は刻々" 心豊かな人生を過ごさなくてはいけませんね!

c0125356_1552359.jpg


 前日の雨で、とても空気が澄みわたっていて、本当に心地よい、まち歩き"万葉の歌碑めぐり"でした。いつも写真撮影で走りまわっている中野さんも、私と一緒に「万葉の勉強会」に加わり、久しぶりに参加者の方々とのんびりとした時間を過ごす事ができました。リフレッシュできました(*^_^*)

(サポーター:碇)
[PR]
by dazaifuwalk | 2008-06-03 15:48