いよいよ10月に入り、2008年秋の歩かんね太宰府が始まりました!
既に続々とお申込みがあっていますので、早めのご予約がオススメですよ♪

お客様と共に歩く、本番を待ち遠しく思いつつ、
9コース、「樟陰史談と史跡散策~太宰府の古代を語りませんか? 」
11コース、「古都の紅葉をたずねて」
の2つを、リハーサルしてきましたのでご報告いたします。
c0125356_20535876.jpg

太宰府天満宮境内、菖蒲池そばの「うぐいす茶屋」にて、
お茶を飲みながら樟蔭史談のガイド方法などを打ち合わせ。
梅が枝餅で腹ごしらえをしながらだと、和気藹々と話し合いができるので、
アイデアもどんどん湧き、膨らんでいきます。

この9コースは、観世音寺境内の大楠の下で、
ガイドとお客様の垣根を外し、車座になって一緒に語り合う、
「歩かんね」ならぬ「語らんね」とでもいうべき、
これまでとは違った新しいガイド形式をとります。

「ガイド ⇒ お客様」 の一方通行で話を進行するのではなく、
「ガイド ⇔ お客様」 という相互関係を大切にし、
お客様からの疑問質問により、如何様にも拡がる談話をお楽しみ下さい。
c0125356_20541388.jpg

11コースの「古都の紅葉をたずねて」は、光明禅寺から太宰府天満宮、そして古の参道をたどりながら竈門神社まで、紅葉を散策するものです。

今回は気持ちのいい秋晴の下を歩きながら竈門神社まで散策し、まだまだ多い緑の中にもちらほらと紅葉の姿を見つけることができました。
これから鮮やかに色付いていく太宰府を楽しむことができれば幸いです。
今年の紅葉にも、乞うご期待ですね。

それでは、今年の歩かんね太宰府もお天気に恵まれるよう、
お天道様に祈りつつ、皆様からの更なるお申込みをお待ちしております。
[PR]
by dazaifuwalk | 2008-10-02 18:00 | リハーサル

c0125356_19255432.jpg「歩かんね太宰府」本格始動に先立って、「古代朱雀路を歩く」をPRを兼ねて実施しました。

c0125356_1926557.jpg古代太宰府の中央大路を、大陸からの使節になったつもりで巡るコース。専門家の史跡解説をききながら、発掘現場などを見学し、榎社かいわいから政庁跡まで、約3キロの行程です。




実際にみんなで歩いてみると、いよいよ始まる感じがしますね。乞うご期待!
[PR]
by dazaifuwalk | 2007-09-24 19:19 | リハーサル
「太宰府の一番よかとこを 案内しちゃろ」という気持ちで、太宰府を愛してやまない地元のボランティアが5ヶ月間準備をしてきた『歩かんね太宰府』16コース(ガイド付きまちあるき)が、いよいよ10月~12月に実施されます。
スタートに先立って、現在各コースのリハーサルをおこなっていますが、そのうちの特色あるコースのひとつを下記により公開します。あまり知られてない太宰府の魅力・・・『歩かんね太宰府』を一足先に味見してみませんか?どなたでもご参加できます。

●名 称:『古代朱雀路を歩く』
●日 時:2007.9月24日(月・祝)午後2時スタート、4時ごろ解散予定
●集合時間:午後1時50分
●集合場所:西鉄二日市駅 西口
●解散場所:大宰府政庁跡
●コース: 西鉄二日市駅~太宰府条坊跡発掘現場~榎社~
       ~推定朱雀門跡~大宰府政庁跡
内容:
古代太宰府の中央大路を、大陸からの使節になったつもりで、巡ります。専門家の史跡解説をききながら、発掘現場などを見学し、榎社かいわいから政庁跡まで、約3キロの道をゆっくり歩きます。大宰府政庁跡では、万葉歌碑の解説を聴いた後、奈良時代の貴族になったつもりで、万葉の朗唱をします。

●参加費:無料
●申込方法:事前にお申込み下さい。(先着30名まで。当日参加可能)
申込み・問い合わせ先: 太宰府市NPO・ボランティア支援センター内
「歩かんね太宰府」実行委員会    
TEL 080‐6441‐9595 FAX 092‐918‐3644

主催:「歩かんね太宰府実行委員会」
後援:太宰府市・太宰府教育委員会・太宰府市議会・太宰府市商工会
    古都大宰府保存協会・太宰府観光協会・太宰府天満宮
協力:太宰府万葉会
[PR]
by dazaifuwalk | 2007-09-05 22:50 | リハーサル