17. 鴻臚館~大宰府政庁跡 古代官道24kmを行く

2011.12.4(日) 「鴻臚館~大宰府政庁跡 古代官道24kmを行く」 

 一年の最後を飾る「歩かんね太宰府の華」の長丁場も5回目を迎えました。
12月4日(日)まだ暗い午前6時半、福岡城内・鴻臚館跡にスタッフ5名(上園・嘉村・河辺・江口・島松)集合。夜来の雨は、上がって晴天。

「古代官道」とは、1200~1300年前、国家が威信をかけて築いた、道幅10~12mの直線のいわば高速道路。今日は、その痕跡を訪ねながらの歴史探索です。

定刻7時、鴻臚館跡の解説からスタート。ここから、大陸からの使節の一員になったつもりで、参加者21名と歩きます。
c0125356_23181990.jpg

8時には、福岡国際マラソンのコースとクロスする平尾を通過。
子烏(こがらす)神社(薬院駅近く)と、奴国(なこく)の丘歴史公園(春日市)を立ち寄り箇所にくわえた分、やや早足で快調に、15時過ぎのゴールを目指します。
c0125356_23224530.jpg

光町(春日市)では、地域のみなさんが餅つき大会。お餅は大震災支援のため、釜石市に贈られるとのこと(この日夕方のNHKニュース)。
c0125356_23203478.jpg

c0125356_23311998.jpg

航空自衛隊の好意で、古代官道跡が発掘された春日基地のなかを通過させていただき、メタセコイアの紅葉がかがやく、春日公園で昼食。
(千秋楽なので、要所で歩かんね太宰府の仲間が合流します。ここでは、2名合流)
c0125356_2332381.jpg

12時出発。公園内の官道跡を確認してから、九大キャンパスへ。プラタナス並木の紅葉に、歓声をあげながら散策。校内に風力発電用の「レンズ型風車」が3基ならんでいます。博多湾上に実験装置を浮かべたとのこと(この日夕方のNHKニュース)。ここで製作してたのですね。
c0125356_23373290.jpg

水城西門跡着。ここで杢尾理事長以下2名合流。
ここからは、筑紫野市教育委員会の小鹿野さんが、発掘担当者として、道の専門家として、詳しく分かりやすく説明してくださいました。南南東に向かって鴻臚館跡から、ほぼ一直線にすすんできた古代官道が、東に向く屈折点の杉塚廃寺では、解説にとりわけ力が入ります。
c0125356_23334045.jpg

c0125356_23343735.jpg

ここからは、大宰府の都市空間、条坊跡。最近、誰かが付けた「推定22条路」の標識(これからは、行政とボランティアが協働で設置とメンテナンスをしては、というのが私の持論です)の前を通り道幅36mの朱雀大路跡へ。
c0125356_2335215.jpg

榎社(1名合流)よこをぬけて、ついに大宰府政庁跡へ全員無事に16時に到着。
みなさんよく歩いていただきました。
「大宰府万葉会」(歩かんね太宰府の会員)のお出迎えを受けてから、駐車場にひっそりと鎮座する朱雀門の大礎石の解説で、めでたく終了。小鹿野さんに感謝の拍手。
c0125356_2346596.jpg

政庁跡まえの「三十三茶屋」さんのご協力で温かいぜんざいを、12名に増えたスタッフ全員でお接待して、締めくくりのイベントに相応しい雰囲気で、長い案内が完結。
c0125356_23501592.jpg
  
2011秋コース、参加者572名。春とあわせて年間で972名。(前年より若干の増加)
無事終了させていただいたことに、会員一同感謝。感謝。また、お会いしましょう。

[文責]ボランティアガイド 島松
[PR]