特別コース 万葉史跡を訪ねて

2011.10.20(木)
特別コース 万葉史跡を訪ねて


今回のお客様は奈良市内で「佐保山茶論」をひらくご夫妻2人。
市の紹介で「歩かんね太宰府」の存在を知り、万葉史跡を中心に案内願いたいとアプローチされた由。

当方、杢尾理事長と相談の結果、万葉関係なら「大宰府万葉会」を主宰する「松尾セイ子さん」と言う「切り札」を指名する事にして、彼女に本件依頼したところ、流石に「佐保山茶論のご夫妻」とは旧知の仲とかで快諾頂きました。

当日は長崎から入り、まず「政庁跡」、続いて「水城跡」「国分寺跡」「観世音寺・同宝蔵」「九州国立博物館」最後に「太宰府天満宮」を廻るという強硬スケジュールをこなし、無事新幹線博多駅から帰路につかれました。

察するに道中、奈良と太宰府の「万葉熱中人?」同士、特に旅人親子についての万葉談義では歌碑中心の太宰府散策だったでしょうが、大いに盛り上がったことでしょう。
c0125356_0241042.jpg

又「松尾さん」の案内よろしきを得て史跡「水城」の意味、「政庁」周辺の纏まりも身近に見て、納得された由。「水城跡」は普段は行かない「展望台」にも案内したのが良かったのかも・・・。
後日、 ”もう一度太宰府に行ってみたい!” とのメールを頂き、「松尾さん」は以下スタッフ一同感動したのは勿論のことでした。
c0125356_0224654.jpg

尚、「佐保山茶論」はインターネットにも出ていますが、「大伴家持」の邸宅が付近にあったと言われる奈良では有名な地域で、ご自宅の庭園を開放され、主に「万葉集」に関する催しを都度開催され、楽しんでおられる様子です。  
奈良に行かれた方は少し足を延ばして、同茶論で「お茶」でもされては如何ですか。 
その節は「佐保山さん!」、宜しくお願いしますヨ・・・。

ボランティアガイド:市川記 
[PR]