18.「四王寺山33ヶ所観音巡りウォーク(西回り)」


4月30日(金)

薄雲が少しあるだけの晴天で快適なウォーキング日和になりました。
前回の東回り(4月16日)も天候に恵まれ観音様のお陰かも・・と神吉さんが皆さんに挨拶した後、小沼さんから本日のコースと観音信仰の概要について説明があり、参加者16名、スタッフ5名の計21名で太宰府政庁跡から新緑に覆われた四王寺山に向かってウォーキングを開始しました。
c0125356_2345144.jpg

坂本の棚田を経由して山道に入り15分程登り道を歩き続け、送電線鉄塔付近で水分補給や着替えのため少し休憩をはさみました。
c0125356_23452739.jpg

その後10分程山道を登って南側が開けた見通しの良い場所で休憩し、心地よい風を受けながら遠くに霞んで見える耳納連山等の山々の風景の素晴らしさに爽快な気分になりました。

そこから直ぐに29番札所に到着、ここでは風化の激しい小さな石像の千手観音様に皆さん手を合わせていました。

その後木々の間にある28番札所(馬頭観音)へ、そして「けいさしの井」と標示板のある井戸では「けいさし」とは?いろいろな説があるが特定できないとの説明に興味を惹かれていました。

その後27番札所では石像が二つ並んでおりどっちかな?もちろん如意輪観音の方が札所のものですよ・・と小沼さんから、そして26番札所に到着、少し俯き加減の千手観音に何とも言い難い安らぎを覚えました。この札所の近くの展望所で休憩を兼ねて博多、春日、大野城方面をゆっくりと一望することができました。
c0125356_2346810.jpg

c0125356_23463060.jpg

c0125356_23463988.jpg

休憩後は最も高い場所にあり四天王で唯一残っている毘沙門(多聞天)堂へ、このお堂は四王寺村の人々が先祖代々から守っている所で正月3日は大変な人出になるそうです。その傍に25番札所があり祠の中の千手観音を見ることができました。
c0125356_2346493.jpg

その後は途中野外音楽堂を横目に見ながら百間石垣へ、この石垣の前の大きな岩の間に隠くれるように22番札所が、一人ずつ急斜面の岩場を登って千手観音の前でカメラに収めたり手を合わせたりしていました。
c0125356_23465770.jpg

更に斜面の藪の中の大きな岩の前に人知れず21番札所が、そして急斜面を降りたところにある鮎返りの滝の傍に小さな20番札所へ、この周りにはいろいろな石物が残っており以前から信仰の場として相応しい場所だったのかも?そして23番札所を経由して八ツ波礎石群の傍の24番札所を見て県民の森センターで昼食・休憩を取りました。
c0125356_234753.jpg

午後からは県民の森の池で神吉さんが「かわせみ」を見つけ「どこ?・・きれい!」とはしゃぎながらスタートし、少し登って猫坂礎石群の傍に比較的大きな石像の30番札所が、その後大きな岩に挟まれ窮屈そうな31番札所が、そして最後は増長天礎石群傍にある32番札所に着きました。

四王寺山を降る途中アップダウンの激しい山道を岩屋城跡へ、太宰府市内を一望できる素晴らしい眺望に皆さん来た甲斐があったと・・岩屋城の戦いについて説明を聴きながら休息して、政庁跡へ向かい14:30少し前に全員無事到着し終了することができました。
c0125356_2350512.jpg

今日は、鮮やかな新緑の楓の存在が目立った四王寺山を気持ちよくウォーキングできて色んな観音様と出会え清々しい一日でした。ほんとうにありがとうございました!!
c0125356_2351575.jpg

[レポート]ボランティアガイド:嘉村
[PR]
by dazaifuwalk | 2010-04-30 18:00